FC2ブログ

らぶかげ遊戯日記

現在DDONは休止中。DbDで吊られる日々。

「純情スペクトラ」 「トポロジー」

音楽関連です。

同じゲームを長期間プレイしていると、
どうしても飽きがきてしまうものですが、
気分を変えてプレイしようにも、
視覚情報を変えるというのはなかなか難しいですよね。
ではせめて聴覚情報を変えて気分転換を図ろうという試み。
今回もゲーム中によく聴くBGMを紹介。

選曲は完全に個人的趣味です(`・ω・´)

関連記事
「彼の者の名は」 「戦いの鐘」
「Battle of Omega」 「光のWILL POWER」
「Mighty Obstacle」 「Holy Orders」
「オルフェンズの涙」 「愛しき抗いよ、導け光へ」
「邪悪なる飛翔」 「戦いの果てに」
「死闘」 「バトル【地下水道】」
「林檎華憐歌」
「LAGOON RUSH」
「バレットバトル-ヘンゼル&グレーテル」 「バレットバトル-銀次」
「ICHIBAN WA ME」 「Two Deadly Girls」
「内戦の国」 「艶花の国」
「仮面ライダーBLACK RX」 「光の戦士」
「過重圧殺!~蛮神タイタン討滅戦~」 「墜天せし者」
「参上!!ギニュー特戦隊!!」 「ソリッドステート・スカウター」
「超空転神トランセイザー」 「プライド」
「ハナマル☆センセイション」 「One Fine Day」
「SPIRIT」 「Lost Boy」
「AC版・源平討魔伝」 「FC版・源平討魔伝」
「夢冒険」 「プレッジハート(誓約)」


【ニコカラ】 純情スペクトラ  ロボティクスノーツ 歌詞付【on vocal】
投稿者:★SPEED❤MILKIN★ さん


「Zwei」の「純情スペクトラ」。
テレビアニメ「ROBOTICS;NOTES」の前期オープニングテーマ曲。
Zwei(ヅヴァイ)は、MeguさんとAyumuさんの二人の女性からなるガールズバンド。
日本で数多くのCMソングなどを手がけるイギリス人音楽プロデューサーの
ニック・ウッド氏が全面的にプロデュースする、初の日本人アーティスト。
5pb.Recordsへ移籍後は、本来のロック路線を継続しながらも、
志倉千代丸氏をエグゼクティブプロデューサーに迎えてからは
主にジャンルをゲームソング路線に活躍の幅を広げ、現在に至る。
「純情スペクトラ」は通算12枚目のシングルとなる。

作詞・作曲は志倉千代丸氏、編曲はビーイング系作曲家の大島こうすけ氏。
ロボティクスノーツの世界観をしっかりと踏まえつつ、
爽やかで若さあふれる、後味のスッキリとした曲に仕上がっている。
また、二番には「科学アドベンチャーシリーズ」でお馴染みの
「その目だれの目?」の歌詞が入っている。

ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ)とは
5pb.(MAGES.)から発売されたアドベンチャーゲーム。
2012年6月28日に Xbox 360・PlayStation 3用が発売された。
2014年6月26日には追加要素やストーリーの一部整頓が行われた
『ROBOTICS;NOTES ELITE』がPlayStation Vita用として発売された。
『CHAOS;HEAD』、『STEINS;GATE』に続く、
5pb.とニトロプラスのコラボレーション企画「科学アドベンチャーシリーズ」の第3弾。
『STEINS;GATE』のトゥルーエンドとなる世界線「1.048596」上における2019年の物語となる。
そのため、『CHAOS;HEAD』や『STEINS;GATE』の登場人物も登場する。
「少年少女たちの夢と青春」を描いた正当派の群像劇を土台に、
近未来の科学技術によるネット犯罪・ロボット犯罪を扱ったSFエンターテイメント作品。
テレビアニメは2クール全22話で、2012年10月より2013年3月まで、フジテレビ『ノイタミナ』にて放送された。
ノイタミナ初のゲーム原作の作品でもある。



【ニコカラ】トポロジー【OnVocal】
投稿者:タカ@北海 さん


「いとうかなこ」の「トポロジー」。
テレビアニメ「Robotics;Notes」の後期エンディングテーマ曲。
いとうかなこさんは1998年から都内のライブハウスで音楽活動を始め、
2002年9月にニトロプラスのゲーム『鬼哭街』の主題歌「涙尽鈴音響」でデビューした女性歌手。
その後は『ひぐらしのなく頃に』、『School Days』、『Steins;Gate』の楽曲を担当するなど、
ニトロプラス作品のみならず数多くのPCゲームやテレビアニメの主題歌を歌っている。
しっとりとしてまろやか、非常に特徴的な声質を持つ歌手で、
アップテンポな曲もスローテンポの曲も見事に歌い上げる。
「トポロジー」は通算21枚目のシングルにあたる。

こちらも作詞・作曲は志倉千代丸氏。
「少年少女たちの夢と青春」を描いた正当派の群像劇のエンディングにふさわしい美しい曲。
まるで卒業ソングのような未来への希望を感じさせてくれる。
色々と考えさせられる「ロボノ」本編であるが、
それらを全て集束させて、しっとりと流してしまうエンディングの「強さ」を感じる。


今回はアニメ「Robotics;Notes」から2曲をご紹介。
ちなみにZweiはゲーム「Robotics;Notes」のオープニングも担当し、
いとうかなこさんもゲームでのエンディングを担当しています。
ちなみにゲームでのもう一つのエンディングテーマ「鋼の鎧纏う、三百の大司祭」は、
「CHAOS;HEAD」の劇中バンド「ファンタズム(FES cv.榊原ゆい)」が歌っている。

上述したとおり、「ロボノ」は5pb.とニトロプラスのコラボレーション企画
「科学アドベンチャーシリーズ」の第3弾。
過去に発売された「シュタゲ」や「カオヘ」のキャラ、
およびそれらのキャラを匂わせるような話が多く盛り込まれています。
キャラとして登場するのは「STEINS;GATE」の「天王寺綯」のみですが、
ツイぽやストーリ上でこれらの作品の後日談などが語られることが多い(渋谷地震など)。
また他作品同様、科学アドベンチャーシリーズと銘打っているだけあって
最先端の技術や現在研究開発が進められている理論なども多数あります。
シリーズを通してゲームをプレイしてみたり、
アニメを視聴してみると意外な発見があったりして面白いかもしれませんよ。

関連記事

  1. [ edit ]
  2. 音楽
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画好き。
最近はVtuberさんを追っかけてますぞ!
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DbDをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
118位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.