らぶかげ遊戯日記

現在DDONをメインにプレイしています。

MMD ― 幻想郷ファイティングチャンピオンシップ② ―

動画関連です。

関連記事
MMD ― きょうもハレバレと酔拳 ―
MMD ― 東方K-1グランプリ ―
MMD ― フルハウス ―
MMD ― 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権と私がリッチになった理由 ―
MMD ― 幻想郷ファイティングチャンピオンシップ① ―

MikuMikuDance(みくみくだんす)とは
「樋口M」こと樋口優氏が個人で開発し、自身のウェブサイト
「VPVP(Vocaloid Promotion Video Project)」で無償公開している
フリーの3DCGムービー製作ツールである。略称は「MMD」。
多彩な機能を持つ3DCGソフトウェアながらも、ダウンロードするzipファイルの容量が
約5MB(展開後でも約11MB)と非常に小さく、動作も軽快である。
その完成度にもかかわらずフリー公開されており、
作者である樋口氏自身が投稿した動画には「振り込めない詐欺」タグがつけられている。
MMDの名称、配布サイト名からもわかるように、MMDは当初、
初音ミクのダンスムービー製作ツールからスタートしている。
しかし、バージョンアップを重ね高機能化していくうちに、ダンス以外の用途で使うユーザーが現れ、
VOCALOID以外のモデルを自作するユーザーが現れ、
ダンスともミクともまったく関係ない動画を製作するユーザーが現れと、その汎用性が広がっていった。
ニコニコ大百科より


幻想郷ファイティングチャンピオンシップ 2/3
投稿者:K16さん


GFC(幻想郷ファイティングチャンピオンシップ)、
ライトヘビー級タイトルマッチ「風見幽香vs博麗霊夢」3部作の第2部。
選手入場シーンから第1ラウンドの試合模様。
入場シーンの作り込みは今作品の見所の一つ。
幽香の入場を彩るのは異変時に”巫女”に挑んだ猛者たち。
霊夢の入場を飾るのは異変解決に関わった強者たち。
鳥肌ものの入場を見事なアナウンスが更に盛り上げてくれる。

また、「東方K-1グランプリ」時にはいなかったMMDモデルも追加されており、
「東方深秘録」や「東方紺珠伝」から登場したキャラも観客席など各所に見られる。
リング外、アナウンサーのお燐がマイクに向かって口を動かしているなど、
試合以外の部分での作り込みも非常に細かいので、
是非そちらにも注目してご覧いただきたい。

スタンドでは幽香、グラウンドでは霊夢という分かりやすい構図。
どちらが自分の得意な戦法を相手に「押し付ける」かが勝負の鍵。

投稿者のK16さん曰く、霊夢は所謂"左利きの右構え"。
格闘ベースが一部柔道をモデルにしている為
柔道の左組み=打撃のオーソドックススタンス、とのこと。

ちなみに、解説にある「グレイズ」とは、
東方Projectのシューティング作品における得点稼ぎのためのシステム。
敵の弾やレーザーが自機の近くを「かすった」回数が加算され、得点に反映されるシステム。
通常シューティングゲームにおいて自分から敵の弾に近寄ることはないが、
ハイスコアを狙う上級者は、より得点を稼ぐ為に積極的に弾幕に突っ込むことになる。
当然であるが、通常のプレイよりハイリスクなため、より高度な操作を要求される。


幻想郷ファイティングチャンピオンシップ 3/3
投稿者:K16さん


GFC(幻想郷ファイティングチャンピオンシップ)、
ライトヘビー級タイトルマッチ「風見幽香vs博麗霊夢」3部作の第3部。
2015年の大晦日を盛り上げた大一番も遂に最終ラウンド。
幽香のパンチのスイングスピードと打撃音もヤバイが、
グラウンドに持ち込む際の霊夢のサッカーボールキックもエグイ。
お互いに譲れないものを背負う二人の試合も遂に決着。

幽香が「異変時の博麗超え」で、妖怪たちの宿願を果たすのか。
霊夢が「異変解決」で博麗の巫女としての歴史と矜持を守るのか。
決着は是非、あなたの目で見ていただきたい。


2013年6月29日に投稿された「PRIDEルールが幻想入り」から始まった
「とある雑誌」が幻想郷に流れ着いて始まった物語は、
一旦、ここで区切りとなるそうです。

モーションや演出、すべてがハイクオリティの素晴らしい作品でした。
いずれは制作の裏話なども投稿してくれるかも知れませんが、
一視聴者から見ても、尋常ではない作業量だったことが窺えます。
しかし、「東方K-1グランプリ」を見たときは、
これ以上は無理だろうというほどの完成度に思えましたが、
今回の作品を見るに、まだまだモデルやモーションの技術も上がっているのですね。
そのうち、実写と変わらなくなりそう(n‘∀‘)η

格闘技を見て感動する、涙が出る、という感覚が良くわかりました。
MMDドラマなどを見たことがある人にはわかると思いますが、
「なんの違和感も無く」見入ることが出来るって、それだけですごい。
信念を持って、妥協せず、自分の作品に対して真摯に向き合う。
素晴らしい作品を作る人は素晴らしい生き方をしている人なんだろうなあ(`・ω・´)


  1. [ edit ]
  2. MMD
  3. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画などが好きです!
その辺りのネタを中心にブログ書いています。
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DDONをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.