FC2ブログ
  • 2020_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_10

らぶかげ遊戯日記

最近は主に雀魂とDbDをプレイしているよ!

日本語警察の方から来ました

雑記です。

頻繁に文字を扱う者としては正しい言葉の使い方ができているか、
というのは永遠の課題といっても過言ではない。
正しい意味で正しく使えば正確に通じるわけではない、
というのは勿論のこと、時代によって言葉の意味が変わったり
誤用・誤字だったものが本来の意味に取って代わったりすることもある。
日本語というのは世界でも難解な言語で特に敬語関係にマナーを絡めたりすると
社会人でも正しく扱える人はほとんどいないんじゃないかな?と思う次第。
とはいえ今回伝えたいのはそういった美しい日本語やら敬語などの難しいものではなく
日常で気になった言い回しやら誤用?誤字?と思った言葉・文字たちやね。
中にはネタとしてわざと誤用している人もいたり、
誤りだったものが本来の意味として使われだしていたり、
ツッコミを入れるほうが野暮となりかねないものもある。
誤用警察、日本語警察はほどほどにな!

・誤用と思われやすい言葉

的を得る:「的を射る」の誤用・・・・・・ではない。
 「的を射る」は「物事の確信を突いている」、「うまく要点をつかむ」ことで
 弓矢で「的を射る」ことから出来た言葉だと考えられる。
 「的を得る」も同じ意味で使われるためか「三省堂国語辞典」では
 「的を得る」の項目に「的を射る」の誤用と記載されていた。
 ところが「得る」には「正鵠を得る」、「要領を得る」など「手に入れる」という意味以外にも
 「理解する」、「捉える」という意味もあるため、近年になって再検証され誤用が撤回された。
 
 つまり「的を得る」も「的を射る」と同じ意味で使って問題ない。
 言葉は時代によって変化するという良い事例。
 これまで誤用とされてきたため使用すると議論になりやすいので注意。

まだるっこしい:漢字で書くと「間怠っこしい」。
 「まだるっこい」、「まだるこい」と同じ意味で、
 のろのろしている、手ぬるい、手間どってじれったい動作などを指す。
 元なった言葉は「まだるい」で、上記の「まだるっこしい」などは強調語とされる。
 後述の「まどろっこしい」と紛らわしいので「じれったい」で代用する方も多く、
 最近では「ダルい」でも通じるかもしれない。

まどろっこしい:「まどろこしい」、「まどろこい」と同じ意味で、
 動きや反応などが鈍い、のろいので、いらいらする様子を指す。
 元なった言葉は「まどろい」で、上記の「まどろっこしい」などは強調語とされる。
 上述の「まだるっこしい」とほぼ同じ意味で使用できるためどちらも誤用ではない。
 むしろ訛りや空耳で派生した説まである。
 どちらを使用しても問題ない場面が多いため、日本語警察すると誤認逮捕になりやすい。

適当(てきとう):雑に、いい加減に、などの意味で使われることが多い「適当」ですが、
 「状態・目的などにほどよく当てはまること」、「分量、程度などがほどよいこと」、
 「その場に合わせて要領よくやること。いい加減」といった3つの意味があります。
 意味合いが逆に近い言葉ですが、文脈から読み取るのも難しい言葉で
 「適当にやっておく」、「適当な量を加える」などどちらの意味でも解釈できる。
 なぜ同じ言葉で逆の意味を持つようになったのかについては諸説ありますが、
 現状で使用するなら「好きなように・いい加減に」などの意味で使う方が無難。
 言葉では伝わりにくいが文字なら「適当」と「テキトー」で使い分けると伝わりやすいか。

微妙(びみょう):なんともいえない味わいや美しさがあって、おもむき深い様のことであり、
 もともとは褒め言葉だが、昨今では「少し」、「やや」といった意味合いに
 否定的なニュアンスが加わった言葉という印象が強い。
 はっきりととらえられないほど細かく、複雑で難しい様を指す言葉でもあるため
 理解できないことを隠すために意味合いが変化していったのかも。
 同音異義語で「美妙」という言葉もあり、こちらは褒め言葉として使用される。
 こちらも文字なら「微妙」と「ビミョー」で使い分けると伝わりやすいかも?


・少し紛らわしいもの

ハードルが高い:乗り越えなくてはならない障害が大きい、困難であることを指し、
 難易度、レベルが高い、分不相応など物理的、意識的な部分も含める。
 「高級店に入りにくい」や「達成が困難」などもすべて「ハードルが高い」。
 現状では後述の「敷居が高い」は意識的なもの、「ハードルが高い」は物理的、
 経済的、身体能力的なものとして使い分けられていることが多い。

敷居が高い:不義理や面目のないことがあって、その人の家へ行きにくいことを指し、
 他の意味では使われないとのことですが、
 辞書によっては上述の「ハードルが高い」の意識版、
 「近寄りにくい」や「気軽に体験できない」、「入りにくい」などの意味としても載っている。
 参照する辞書によって意味合いが分かれるため使い方に注意。

▼他にも色々と気になる方はこちらの記事が大変参考になるのでオススメ。
★誤用されがちな言葉の一覧【意味の定着と変化】-言葉の意味・誤用と雑記ぶろぐ

▼「カクヨム」で連載中のこちらもオススメ。
★間違えやすい日本語表現(澤田慎梧) - カクヨム

ニホンゴムツカシイ(´・ω・`)

関連記事

  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画好き。
最近はVtuberさんを追っかけてますぞ!
出来るだけ毎日更新したい(´・ω・`)
現在、DbDと雀魂をメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
55位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2020 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.