FC2ブログ

らぶかげ遊戯日記

現在DDONは休止中。DbDで吊られる日々。

最近はなろう気味③

小説関連です。

最近はV界隈も暗い話題がどうしても目に付きすぎて
なろう小説に逃避気味。
しばらく見ていなかったおかげで色々な作品に出会えた。
作者様たちには感謝しかない。


★私、ヒロイン。役立たずだから捨てた幼馴染が俺TUEEEになって復讐に戻ってきたから即興で吐いた嘘で生き残るわ。
作者:野良猫のらん

●粗筋
復讐譚俺TUEE物語は遂にホラーの領域にまで足を踏み入れた!
復讐に燃える幼馴染は勇者パーティを次々に殺し、その魔の手をヒロインへと伸ばす。
かつて幼馴染を見捨てたヒロインは咄嗟に機転から即興の嘘を組み立て幼馴染に媚びを売る。
敵対する者は即死級のチート俺TUEEEとヒロインの土壇場即興力、果たしてどちらが勝つのか!
怪奇チート俺TUEEEサイコスリルホラーここに爆誕!


5話まで読了。
復讐劇・ざまあ系というのはなろうでも人気ジャンルの一つで、
たとえ復讐がメインでなくともハイファンタジー系の小説には必ずといっていいほど
有利になった相手を絶望のズンドコに叩き落とす展開があるほど。
一時期なろうで流行した「パーティー追放系」は理不尽に追放された主人公が
意識無意識に関わらず追放した連中を不幸にするというお約束があるが、
こちらのお話は追放したパーティー側、復讐される側のヒロインにスポットを当てている。
パーティーのお荷物として見捨てられた幼馴染が超絶的な能力と狂気の表情で迫ってくる、
なんてのは復讐される側からしたらホラー以外のなにものでもない。
死んだはずの相手であるならば尚更である。
”死にたくない”という強い思いが紡ぎ出す即興物語は狂気に染まった幼馴染の心を動かせるのか。
ギリギリchopも真っ青の鉄骨渡り、今最も勢いのある戦慄のサイコスリルホラー。


★オカルトちゃんねる【連載版】
作者:lpp
オカルトちゃんねる
●粗筋
とあるオカルトスレに突然現れた霊能力者(?)が、
スレ民とワイワイしつつ、オカルト事件を解決(?)していく話です。
一話(一章)完結。
ダブル主人公っぽい。
完全創作です現実世界の何とも関係ありません。


・全編スレッド(某ちゃんねる風)形式
・オカルト・妖怪・神々の描写に、個人的な見解を含みます
・主人公ageまくり


1話まで読了。
全編がスレッド方式のため、1話1話がクッソ長い。
これからじっくりと読んでいきたい作品。
ざっくり言うと創作版オカ(オカルト)板。
スレッド方式の会話というのはなかなかに難度が高いが、
なろう系ではMMO系小説でしばしば「掲示板回」として登場したりする。
特徴は起点となるレスに対する複数人による多角的な考察。
メタな会話に含まれるゾッとする事実、
主要人物以外のやりとりが”板”の物語をガッチリと補強してくれている。
掲示板にありがちな実況中の誤字脱字、
反応がないことを心配するレスなど臨場感も抜群で
実際の”神板”にリアルタイムで当たった時のような興奮を保証するぞ。
オカ板住民ならずともグイグイ引き込まれる構成はスレッド系小説の入門にも最適。
ホラーが苦手でなければ是非とも一度読んでいただきたい。

★小説家になろう

★小説を読もう!


本日はホラーカテゴリの中から2作品を紹介。
画像でお気づきと思うがオカルトちゃんねるの方は
2019年10月15日に富士見L文庫より書籍が発売されている。

★オカルトちゃんねる lpp:文庫 | KADOKAWA

というか、スレッド方式って書籍になるとどう表示するんだろ(´・ω・`)?
と思って試し読みしてみたら
オカルトちゃんねる試し読み
※海苔配慮
ほぉー、左から右に読むのね。
一つ勉強になった(´・ω・`)

関連記事

  1. [ edit ]
  2. 書籍
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画好き。
最近はVtuberさんを追っかけてますぞ!
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DbDをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
28位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.