FC2ブログ

らぶかげ遊戯日記

現在DDONは休止中。DbDで吊られる日々。

最近はなろう気味

小説関連です。

最近はV界隈も暗い話題がどうしても目に付きすぎて
なろう小説に逃避気味。
しばらく見ていなかったおかげで色々な作品に出会えた。
作者様たちには感謝しかない。


★強欲のイグナート
作者:霧島樹

●粗筋
児童養護施設で働いていた俺はひょんなことから不思議な真紅の光に導かれ、異世界に転生した。
その際、転生先で多少は希望を叶えてもらえるとのことだったので、
なんやかんやあって控えめというか、ささやかな望みを願ったのだが……うん。
言いたいこと全部言うと原稿用紙100枚ぐらいは余裕で超えるだろうから、
もうこの一言にすべて集約しようと思う。

これはひどい。


現在読んでいる小説で158話まで読了。
たぶん明日には最新話まで読み切ってしまう。
頼られると人助けをしてしまう主人公は見ず知らずの他人を助けるため
通り魔に殺害されてしまう。
他の魂と光を目指す中、謎の赤い光に勧誘され異世界へ転生。
前世で身長が低かったことを気にしていた主人公は高身長に成長することを願い
今世こそNOと言える日本人(異世界人)を目指す。
3歳にして身長3メートルに達した主人公は平穏無事な人生を送れるのか。
主人公の一人称視点で物語が進むためか意図的に情報量が少なく、
エピソードによっては謎を残したまま終わることも多い。
いずれは回収される伏線だとも思えるが期待しすぎるのも野暮というものか。
いわゆる「なろうテンプレ」を踏襲しつつ斜め上に突き抜ける展開、
身に宿る存在によりチートとも言える能力を手に入れているが
本当の天才には敵わないという厳しい現実。
守護竜や魔女、果ては同級生にまで翻弄されつつも強く生きる主人公に好感が持てる。


★禁断師弟でブレイクスルー~勇者の息子が魔王の弟子で何が悪い~
作者:アニッキーブラッザー

●粗筋
「俺たちの時代と比べれば頼りない」、「それでも勇者の息子か?」、
もうウンザリだった。

人類と魔王の戦いが終わり十数年後。
世界を救った英雄である勇者一味の子たちは成長した。
その一人である『アース』は秀才であり、
誰もが父の跡を継いで国を守る立派な戦士になることを期待したが、
アースは常について回る父親の肩書に辟易としていた。

そんなある日、実家の屋敷に封印されていた、
大魔王を打倒した父の剣を見たアースは衝撃を受ける。
そこには、成仏できずに現世に留まり続けていた大魔王の幽霊が居たからだ。

何故か大魔王の霊をアースしか見えず、さらに大魔王は剣からアースに取り憑いた。
四六時中、大魔王の霊と過ごすことになり、
奇妙な共同生活を送るうちに、大魔王が気まぐれでアースに囁く。

「貴様の父には恨みがある。父や世間を見返したくば、余が貴様を鍛えてやろう。暇だしな」

アースは、親や世間を見返すためだけに大魔王の特別個人指導を受ける。
そして、来るべき日。勇者の両親が、かつての英雄たちが、
初恋の人が、幼馴染の姫が、天才の同期たちが、そして世界が激震する。


160話まで読了。
魔王を倒した勇者の息子が討伐された魔王の霊に取り付かれ
師弟関係を結んでいくお話。
登場人物の名前や地名が非常にわかりやすく、
徐々に心を通わせる勇者の息子である主人公と魔王、
トレーニングと実戦により着実に強くなっていく様子がテンポよく描かれているため
非常に気持ちよく読める作品。
努力・友情・熱血・恋愛・ドリルと多様な属性を含めつつ
高度なレベルでまとまっている稀有な作品でもある。
なお、わかりやすさを重視したためか技名なども基本的にダサい。
が、熱い。


★小説家になろう

★小説を読もう!


気軽に読めるためか好みの作品を見つけると
時間を忘れて没頭してしまうのが私の悪いところよな(´・ω・`)
未完結で最新話で止まっていた作品とかは
もう最初から読み直すしかないってくらい記憶が薄れている。
でも、それも楽しいと感じてしまうからおっそろしいんだよなあ。

関連記事

  1. [ edit ]
  2. 書籍
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画好き。
最近はVtuberさんを追っかけてますぞ!
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DbDをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2019 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.