FC2ブログ

らぶかげ遊戯日記

現在DDONは休止中。DbDで吊られる日々。

「CASE: Animatronics」 「公衆電話」(閲覧注意?)

ホラー関連です。

ホラーゲーム実況の良いところはさ、
知らないゲームであれば一緒に遊んでいる感覚で
手軽に初見のホラーを楽しめるところと、
知っているゲームであれば、驚かせポイントが事前にわかるので、
落ち着いて実況者のリアクションを楽しめるところやんな。
んで、「ああ、このポイントのリアクションがおもろいな」って思ったら、
他に同じゲームを実況している人を探して
同じポイントのリアクションを比べちゃうまでセット(´・ω・`)

今回は実況を見るまで私が知らなかったホラーゲームと
その実況プレイ動画をご紹介。
洋ゲーは字幕ほしいねえええええ。


フェルの実況部屋【3】ホラゲ向いてない!!!!
投稿者:Feru. VRoom


今年の9月、つまり今月デビューしたばかりのFeru(フェル)さんによるホラゲ実況。
プレイするゲームは一人称ステルスホラー「CASE: Animatronics」。
プレイヤーは刑事John Bishopとして、
謎のハッカーの手により暗闇に包まれた警察署内から脱出を目指すことになる。
手に持ったタブレットから監視カメラの映像を確認し、
アニマトロニクスという獣人系ロボット(?)に見つからないよう、
机の下やキャビネットの中などに隠れながら電力を復旧させ脱出を目指そう。

日本語字幕に対応するとゲームが正常に進まなくなることがあるらしく、
オリジナルの状態でのプレイ。
ホラーゲームには謎解きやパズル要素が結構あるので
ヒントとなる会話や文字が読めないのは結構な痛手なんだよね。
字幕機能はほんとありがてぇよな(´・ω・`)
画面が暗いのはゲームの仕様。
どーなつ!
フェルさんと一緒にこの暗闇を探検する恐怖を楽しもう。
ホラーならゲームでも映画でも共通だが先におトイレは済ませておこう。
フェルさんは耐え切った(本人談)がお漏らしをしてしまう可能性があるぞ。
「CASE: Animatronics」動画は本日公開分を含めて3作、
徐々に上達するプレイと編集技術にも注目してほしい。
また、Twitter連動企画ともいえる「フェルらじっ!!」では
リスナーからの様々なコメントを募集しているので、
気になった方はフェルらじを視聴の上でTwitterで参加してみよう。
あと声がかわいい。

★Feru. VRoom

★フェルさんのTwitter


#02 公衆電話Part1【初めてのゲーム実況】
投稿者:囚獄channel


”バーチャル看守YouTuber”の囚獄刑(ひとや けい)くん。
8月26日に活動を開始したばかりのフレッシュな(死語)新人Vtuber。
脱出ゲーム「公衆電話」のゲーム実況。
田中ぁ・・・
ホラー要素は少なく、分類としても脱出ゲームだが
雰囲気とプロローグがオカルトテイスト。
プレイヤーは公衆電話に閉じ込められた状態でスタート。
所持金30円で電話をかけて助けを求めるというもの。
会話を進めることで新たな電話番号を入手できるので、
何度もリトライしながら脱出を目指すことになる。
人間関係の恐ろしさと引き込まれる文章が魅力的なゲーム。
なお、先日電脳少女シロちゃんがクリアしていた。

これだけではちょっと短いので、もう一つ。
先日の初配信でプレイしたのはフリーゲーム「黒猫のK」。
★【初配信】ホラゲーやりながら叫んだらマシュマロ食べます!
こちらもホラーかといわれると疑問だが、
刑くんがビビっていらっしゃったのでホラーでしょう(断言)。
WOLF RPGエディターで作成された2Dゲームで
プレイヤーは魔女の使い魔の黒猫を操作してアイテムを集めたり
ギミックを解いてストーリーの深い部分に触れていくことになる。
黒猫のK
キャラクターが可愛らしく、ビックリ要素もほとんどないが、
マルチエンディングのうちの何種類かに若干のホラー要素があるため、
この手のギャップが苦手な人は閲覧注意ね。
プレイ時間は初回30分ほど、全ルート回収で1時間ほどを想定されており、
生放送中にプレイするには丁度いい時間。
ホラーといえばホラーだが、絶叫してしまうという類のゲームではないため、
あまり叫んでマシュマロを読みたくなかった刑くんにはもってこいのゲームだったが、
逆に落ち着いてプレイしすぎたために、ちょっとした部分にも過敏に反応してしまい、
恥ずかしいセリフリクエストを読むことに。
個人的には語尾に「にゃ」をつけてテキストを読み上げている時点で満足。
エンディングは全6種だが、リメイク版だとさらに全ルート回収後に真相ルートが追加。
本編のEND1〜6を回収後、EDリストに追加された「魔女のメモ」より、
メモの謎を解きクローゼットにパスワードを入力することで新たなルートに進む。
今回の放送では6種をコンプリートしたので、次回は是非とも最後のルートも走破してほしい。
丁寧な口調と落ち着いた実況が魅力の刑くん、
ホラーは苦手なようですが叫び声が聞きたいという紳士も多く、
今後も無理のない範囲でホラーゲーム実況を続けて欲しいところ。
あと声がかわいい。

★囚獄channel

★刑くんのTwitter

★人気の「バーチャルyoutuber」動画


Sっ気があるわけではないと思うが、人がビビっている様子を見るのが好き。
でもドッキリとかはそこまで好きじゃないから、
このあたりの感情の違いは演者の安全性とかなのかね?
体に害があるわけじゃないから(心はわからん)安心して笑えるのかもしれないねー。

最近気になっているホラーゲームはアーケードだけれど、
インタラクティブ・ホラーVRアトラクション「タブー」。
タブー
日本ではまだ「SEGA VR AREA AKIHABARA(セガ秋葉原3号館6階)」
にしか設置されていないっぽいゲームで、
2018年9月22日(土)、つまり昨日から稼働しているらしいよ。
4人同時プレイが可能で、ゲーム中はテーブルに設置されたボタンを
常に押しっぱなしにしていなくてはいけないとかなんとか。
ビックリして手を離しちゃうようなホラーが味わえるんやろなあ。
日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応していて、
プレイ時間は約12分、料金はお一人様1200円らしいぞ。
ちょいとお高く感じるかもしれないが、貴重な体験ができると思うので
秋葉原に行く予定の方は寄ってみてはいかがだろうか。


関連記事

  1. [ edit ]
  2. ホラー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画好き。
最近はVtuberさんを追っかけてますぞ!
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DbDをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.