FC2ブログ

らぶかげ遊戯日記

現在DDONは休止中。DbDで吊られる日々。

噂ノのろいちゃんねる(閲覧注意?)

バーチャルYoutuber関連です。

夏の風物詩といえば怪談。
ホラー映画などで視覚的な恐怖演出を味わうのも良いですが、
時には聴覚で味わう怪談を楽しむのもオツですぞ。
日本に怪談ブームが到来したのは明治末期と聞きますが、
「今昔物語集」など、平安時代末期の古典文学にも
怪談と思われるものが収録されていたそうで、
娯楽の少ない時代から愛され続け、
エンターテインメントとして脈々と受け継がれ洗練されてきたのでしょうな。
今回はそんな怪談をメインに活動する怪談朗読Vtuberのろいちゃんをご紹介。

【自己紹介】怪談朗読Vtuberのろいちゃんです【噂ノのろいちゃんねる】
投稿者:噂ノのろいちゃんねる


怖い話が大好きな新人Vtuberのろいちゃん。
今年の3月末からYouTubeで怪談朗読動画をコンスタントに投稿しており、
うわさののろいちゃんねる
有名なものからレアなお話まで可愛らしい語り口調でお耳を癒してくれる(?)。
月に一度の雑談回を設けており、のろいちゃん自身の魅力に触れることが出来る。
雑談回でも知人やリスナーから寄せられた怪談を朗読することがあり、
その際にはなぜか「きさらぎ駅」で声のチューニングをする。
都市伝説回
「居間に佇む白い影」好き。
怪談の登場人物の心理を多角的に捉えられる感性が素晴らしく、
物語に平和なオチがついて視聴者が安心したところに
「でもね、私はこう思ったんですよ・・・・・・」と、
怪談師ばりの不安の種を蒔いていくスタイルはのろいちゃん自身の性格によるものか。
「居間に立つ白い人影」で例えるなら、後日談の妹の嘘で
視聴者が「嘘だったのかー」と平和なオチに安心したところに
もし、”嘘というのが嘘”だったら、と安心の壁にピッケルを突き立てる行為。
怪談師には絶対に必要な心の緩急を理解しており、落としどころの魅せ方も心得ている。
なにが言いたいかっていうと、多分この娘Sやぞ(´・ω・`)

しかし、怪談師は人を怖がらせることに生きがいを感じる人種(偏見)。
つまり怪談を聴かせる側はS、聴いて怖がりたい側はMということになり、
心霊スポットに肝試しに行く連中は積極的なMという解釈でよろしいか?
いや、人間が怖い的な話になってきたな(´・ω・`)

フォロワー(リスナー)の怖い話も募集中。
強烈な体験談などがある方はのろいちゃんにDM(ダイレクトメール)で伝えると
情緒たっぷり雰囲気マシマシで読み上げてくれるかもしれないぞ。

また、「さっちゃん」や「かごめかごめ」など”本当は怖い”と
いわくのある童謡などの歌ってみた動画も上げており、
こちらではのろいちゃんの貴重な歌声を聴くことができる。

朗読後には怪談のアフタートーク動画も上げており、
読み上げた怪談に対する彼女自身の感想も聞くことができる。
類似系の怪談や登場人物の心理まで深く掘り下げてくれるので
これらを含めて怪談をエンターテインメントとして成立させている。
八尺様アフタートーク
八尺様のアフタートークでは類似系の「悪皿」についても触れており、
視聴者の興味を新たな怪談に導いてくれる。

本人は少々滑舌を気にしているようですが、
非常に聴きとりやすく、ストレートに恐怖を感じ取れる声質の調整に成功している。
通常、怪談師は語り口調だけで勝負するため、自己主張と癖が強くなりがちだが、
そこを映像で補えるのが動画勢、Vtuberの強みだと思う。
マジで癖が強すぎて逆に話が頭に入ってこない怪談師も中にはいるのよ。
霊が画面に出しゃばりすぎるとギャグになるってのは有名な話かもしれんけども、
怪談師も演出が過剰になりすぎるとギャグのようになることがあるんだよね。
怪談の本質は物語、シンプルに恐怖を味わいたい方にのろいちゃんはオススメだぞ。

ゲーム実況では「Identity V(第五人格)」に挑戦しており、
丁寧で落ち着いた実況に定評がある。
のろいダッシュ
怖がりでもホラー耐性が強めなので絶叫等で鼓膜にダメージがくることはないが
今後本格的なホラゲー実況がある場合はその限りではない。

なお、名前のイントネーションは「呪い」ではなく「ガンバの冒険」の「ノロイ」と同じ。
一緒に登場するSofTalkで喋る藁人形のわらちゃんは
主に怪談朗読後のアフタートークや動画内での解説・補足説明で活躍する。
わらちゃん
通常の怪談でも”意味が分かると怖い”要素が含まれていることが多いため、
補足説明や追記があるとぐっと没入感が増す。

好きなものは怪談とじゃがりこ、砂肝にあみだくじ。
怖い話が大好きだが、本人曰く霊感はないらしく、
(怪奇現象に遭遇しても、それと気づいていないだけの可能性もあるが)
実際に心霊体験をした場合はどうなるかわからないので、
唐突に消えた場合はなにかが起こったのかもしれない。

NHK・EテレのノロイちゃんやJINKOののろいちゃんとの関連性は不明。
シンプルで活動内容にも通じる良いお名前ですが、
調べると同名のキャラクターもいる模様。
頑張って知名度№1の「のろいちゃん」になってほしいものです。

以下にお気に入りの朗読動画を紹介。
彼女のチャンネルにはそれぞれのアフタートークもあるので、
感想や考察を知りたい方はいってみよう。

#02【怪談】きさらぎ駅【朗読】


#10【怪談】猛スピード【朗読】


#14【怪談2本立て】雨の日に居る女+台風の夜【朗読】


#18【怪談】巨頭ォ【朗読】


怪談好きならお馴染みのお話もあるかもね。
現在でも”洒落怖板”や”怖話(こわばな)”などに複数の投稿が寄せられる怖い話。
一時期はハマっていたものの、最近は時間がなくて全然読めていないんだよね(´・ω・`)
のろいちゃんのおかげで流行り(?)の怪談が知れるのは助かるンゴ。
有名なタイトルだけれど内容を知らなかった作品などがあれば
愛らしいお声で恐怖を緩和しつつ聴けるのでチェックしておくとええぞ。

★噂ノのろいちゃんねる

★のろいちゃんのTwitter

★人気の「バーチャルyoutuber」動画


のろいちゃんの将来の夢は”バーチャル怪談師”になる事。
実は結構な数がいる”怪談師”。
現在もっとも有名なのは稲川淳二さんで間違いないでしょうが、
他にもイベントや動画サイトなどで活躍する色んな方がいます。
以前はちょいちょい地上波でも見かけた山口綾子さんや牛抱せん夏さん、
遮那さんなど有名な方もいれば、怪談師YouTuberとして活動されている方もいますね。
読み物としては怪談作家というカテゴリもあり、
加藤一さんや伊計翼さんなど実話系の方々が有名ね。
個人的に竹書房の「超」怖い話シリーズが大好きなんだけれど、
「DINER ダイナー」の平山夢明さんの文章が特に好き。


関連記事
  1. [ edit ]
  2. バーチャルYoutuber
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画好き。
最近はVtuberさんを追っかけてますぞ!
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DbDをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.