FC2ブログ

らぶかげ遊戯日記

現在DDONは休止中。DbDで吊られる日々。

こちら葛飾区亀有公園前派出所

ニュースです。

ニュースか書籍情報かで迷ったけれど、
これはニュースやろなあ(´・ω・`)

「こち亀」が遂に完結
長い間ご愛読ありがとうございました。
秋本治先生の漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、
2016年9月17日発売の週刊少年ジャンプ42号にて完結することが発表されました。


作者の秋本さんは
「40年も連載されることは作家にとってうれしいところ。いつまでも描きたい気持ちもある。
 これでスパッと切れるわけではなく、時々(ジャンプに)遊びに行くくらいでもいいかもしれません。
 今後の展開は未定。次の作品の構想もあります」

と会見の中で語っています。
連載終了について秋本さんは、
「200巻を迎える2016年ですね。終わるかな?と迷っていました。
 おめでたい時に終わるのが一番かな?と考えた」

とコメントしています。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は、秋本治先生による漫画作品。
「週刊少年ジャンプ」(集英社)において1976年42号より2016年42号まで連載予定。
2016年現在『週刊少年ジャンプ』の最長連載作品である。
通称は「こち亀(こちかめ)」。
亀有公園前派出所に勤務する警察官両津勘吉(りょうつ かんきち)を主人公とし、
その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。
劇画に近い比較的リアルな絵柄を用いたギャグ漫画としては先駆的な作品。

40年における週刊連載で一度も休載せず、
「少年誌の最長連載記録」のギネス世界記録の保持、更新を継続中。
コミックスの発行部数は累計1億5,650万部。

1977年に初の実写映画化、
1985年に「ジャンプ・スペシャルアニメ・大行進イベント」でアニメ映画化された。
1996年6月にフジテレビにてテレビアニメ化され、
1997年には、PlayStationとセガサターンにてテレビゲームが発売。
1999年と2001年、2003年、2006年に舞台版を公演。
1999年と2003年にはテレビアニメ版をもとにアニメ映画が作られている。
2004年12月にレギュラー放送としては終了するも、不定期で特別番組が放送されている。
2009年8月1日よりTBS土曜8時枠の連続ドラマにて、
SMAPの香取慎吾さん主演により初の連続ドラマ化となった。

秋元先生は63歳。
40周年ということは23歳からずっと連載を続けていたわけですね。
漫画家を40年続ける人はいますが、
40年同じ連載を抱えていた漫画家はなかなかいない。
特に秋本先生は休載をしたことがないので密度の点においてもかなりの偉業でしょう。

実在の事件や社会・時事問題をテーマとして取り上げることも多く、
取材や下調べなどでも多大な努力を惜しまない
秋本先生の誠実な人柄も「こち亀」連載を支えてきたのだと思います。

長期連載漫画という分類で見るならば、
実は「こち亀」より長い作品は20作品以上あったりします。
小島功先生の「仙人部落」の連載57年11ヶ月はそうそう抜かれないだろうなあ。

100巻以上続いている漫画といえば、
「ゴルゴ13(181巻)」、「ミナミの帝王(138巻)」、「クッキングパパ(137巻)」など。
このうち、「ゴルゴ13」は47年以上続いていますね。
「こち亀」は日本では初となる200巻での終了となりますので、
今後この記録が塗り替えられるのかどうかも気になります。
(ちなみにアメリカでは300巻まで続いた作品もあります)


★「こち亀」40年の長寿連載に幕 コミックス200巻で完結

★「こちら葛飾区亀有公園前派出所」9月17日発売のジャンプで完結

週間少年ジャンプ公式サイトでは単行本の冒頭を試し読みすることもできます。
★『こちら葛飾区亀有公園前派出所』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

ジャンプ+では、10月14日(火)12時~10月18日(土)16時まで
「こち亀」100冊を100時間限定で無料配信予定。
★こちら葛飾区亀有公園前派出所 - 少年ジャンプ+

ジャンプ+では他にも、40周年記念増刊『こち亀ジャンプ』発売記念として
日暮登場エピソード10話が無料配信中。
★少年ジャンプ+|40周年記念増刊『こち亀ジャンプ』発売記念!日暮登場エピソード10話無料配信!!


【ニコカラ】葛飾ラプソディー【Onvocal】
投稿者:looseleaf さん


アニメ「こち亀」第39話~146話まで使用されたオープニングテーマ。
アニメ「こち亀」は印象深い曲が多いですが、
私はこれが一番印象に残っています。
みんなはまた別の曲がオススメだったりするかな?


「なんだよ、またガセネタかよー」と思っていたら、
本当に最終回を迎えるようでビックリ(´・ω・`)
40年といったら、普通に就職して定年まで勤め上げるレベル。
漫画家という職業はハードと聞きますが、
普通であれば、連載終了→新連載と充電期間はあるものなんですよね。
一つの作品を週間で連載し続けた秋元先生は本当にすごいと思う。
まずはゆっくりと体を休めていただきたい。
まだちょっと早いけれど、
秋本先生、お疲れ様でした。


関連記事
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画好き。
最近はVtuberさんを追っかけてますぞ!
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DbDをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
25位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2016 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.