FC2ブログ

らぶかげ遊戯日記

現在DDONは休止中。DbDで吊られる日々。

【フィギュア】 終端の王と裸執事MAD

動画関連です。

関連記事
テラフォと役員共MAD
君嘘と野崎くんMAD
ギルクラとB・BMAD
ブラクラとヒャッコMAD
マジェプリとWIXOSSMAD
艦これとオバロMAD
らっきょと電波女MAD
東方と艦これMAD
ホメ春香MAD
アイマスとEDF3MAD
スプラトゥーンとバーチャMAD
ストⅣと遊戯王MAD

MADとは
動画や音声を編集、改編し新たな意味を付加された動画や音声のことを指す。
つまり、二次創作物である。
本来MADとは、『気が狂った』などを意味する単語であり、
MADと名の付く作品は内容に癖がある物が多い。
「MAD」の名前は日本の1970年代~1980年代にかけて作られた「MADテープ」に由来する。
これのさらに前は「キチガイテープ」とも呼ばれていた。
そのためMADという単語は一般的には日本の作品しかささず、英語圏では別の単語が使われている。
(例:アニメに別の音楽を付け編集した動画ならAMV等)
ニコニコ大百科より



終端の王と異世界の騎士【フィギュアスケート応援MAD】
投稿者:つっちぃさん


使用曲は「Sound Horizon」の「終端の王と異世界の騎士」。
「進撃の巨人」オープニングテーマ「紅蓮の弓矢」でお馴染み、
サウンドクリエイターのRevo(レボ)君を中心としたアーティスト集団。
「幻想楽団」と冠されることもある。
「サンホラ」、「SH」などの略称で呼ばれ、そのファンは「サンホラー」、「ローラン」と呼ばれる。
物語性の強い音楽を創作することで知られており、
リリースされるStory CD(Concept Story CD)の内容は非常に特徴的な形態であり、
アルバム1枚が(場合によっては部分的にシングルで独立させることも)、
一貫した設定に基づいた一つの物語を形作っている。
昨今ではタイアップなどを中心にした「Linked Horizon」での活動も行われ、
「進撃の巨人」、「ブレイブリーデフォルト」における音楽活動は「Linked Horizon」名義となっている。
現在正式メンバーは主宰のRevo君一人であり、
他のメンバーはサポートメンバーとされている。

アイディアファクトリーのPS2用ゲーム「カオスウォーズ」のOPテーマ。
「アイディアファクトリー」、「アルゼ」、「アトラス」、「レッド・エンタテインメント」
計4社のコラボレーション作品として発売された。
シミュレーションゲームとしては個人的には嫌いではなかったのですが、
ニコニコ動画においてはMAD素材曲としての方が有名。
特にファンタジー作品とのシンクロ率が高い。

2010年2月に投稿されたオリンピック前のフィギュアスケート応援MAD。
日本のフィギュアスケート界を牽引したトップアスリート達による
力強くも華麗な演技をサンホラの幻想的な音楽が一つの物語にまとめている。
プログラムにストーリー性のある曲を使うことも多いフィギュアと
サンホラの相性がとても良く、アスリート達の悲喜交々の感情すら演出とする動画構成は見事の一言。

「どんなに強い風でも 其の翼を折ることは出来ない!」


プルシェンコに裸執事を合わせてみた【MAD】
投稿者:賢者のわんこ。さん


使用曲は「金瓶梅」の「裸執事」。
「兄貴」、「くそみちお兄さん」、「魔王」など
様々な異名を持つ歌い手、「いさじ」さんが歌ってみたもの。
マーダー工房が制作した18禁同人BLゲーム「裸執事」の主題歌。
ジャンルは「執事スキーによる執事スキーのための執事いじりたおしADV」。
発売前から主題歌である「裸執事」の動画および、カラオケ動画がアップロードされており、
それに伴い、歌ってみた動画も着々と増えていた。
腐女子以外をも虜にする一度聴いたら忘れられないインパクトは、
BLゲー界屈指の電波ソングといっても過言ではない。

こちらもフィギュアMAD。プルシェンコ特化型(?)。
プルシェンコ氏がエキシビジョンで披露した伝説のパフォーマンスを
「裸執事」の淫靡な歌詞と、いさじさんの勇ましい歌声で神話へと昇華する。
生粋のエンターテイナー、プルシェンコ氏の美技に酔いしれる。
あ、上半身は筋肉スーツです。


フィギュアの季節(?)やね。
普段ほとんどフィギュアを見る機会が無いのだけれど、
こうやってMADで見ると本当に美しいものですね。
血のにじむような努力をしても、誰もが報われるわけではない、
実力を出しきれずに泣く人もいれば、全てを出し切って届かない人もいる。
そんな中で努力し続ける彼ら、彼女らが本当に愛おしい。
しかし織田信成君、この頃すげー若いな!

一部では「世界一スケートの上手い芸人」とまで言われるプルシェンコ氏。
確かこのエキシビジョンの頃は十代だった気がします。
十代で、この舞台でこのパフォーマンスが出来るのは彼だけだと思います。
本当に格が違うというか、王者の風格です。


関連記事
  1. [ edit ]
  2. MAD
  3. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画好き。
最近はVtuberさんを追っかけてますぞ!
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DbDをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2016 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.