らぶかげ遊戯日記

現在DDONをメインにプレイしています。

クインティ

ゲーム関連です。

今更ながら「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」、
所謂「ファミコンミニ」に乗っかって
ファミコンソフトのお話なの(´・ω・`)

関連記事
ネクストキング 恋の千年王国
アルカナ・ストライクス
ブリガンダイン グランドエディション


クインティ
クインティ
ジャンル:アクション
プレイ人数:1~2人
対応機種:ファミリーコンピュータ
発売日:1989年6月27日
価格:5,145円(税込)


ここは不思議な人形の国。
ボクの名前はカートン。
ボクは3人の兄ちゃんと、かわいい妹の5人で楽しく暮らしていたんだ。
ところが!ある日、ボクのガールフレンドのジェニーが、
妹のクインティと3人の兄ちゃんたちに、さらわれていってしまったんだ。
ボクがジェニーとばかり仲良くしているのが、くやしかったらしい。
よーし、ジェニー、いま助けに行くぞ。待ってろよ!


1989年にナムコより発売されたファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。
「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第60弾。
制作は田尻智・ゲームフリーク。
後に「ポケットモンスター」を制作することとなる、
ゲームフリークが3年かけて作り上げた処女作品でもある。
北米では「Mendel Palace」の名称で翌年10月にハドソンUSAより発売された。

面クリア型の固定画面型アクションゲーム。
各ステージのフィールドにはパネルが5×7に敷き詰められており、
プレイヤーはパネルをめくることで敵キャラを弾き飛ばし、
壁(外壁および同様の働きのあるパネル)にぶつけて倒す。
敵キャラを全て倒せばクリア。
パネルはステージにより2層~7層構造になっており、
特殊効果を持つパネルを活かすことがクリアへの近道。

2人プレイのときは、ステージ選択で
それぞれのプレイヤーが別々のステージを選ぶと1P・2P交代プレイに、
2人が同じステージを選ぶと同時プレイとなる。
1人プレイもしくは交代プレイの際はミスをするとステージの最初からやり直しになるが、
2P同時プレイの場合は片方がミスをしてもゲームは中断されず、
ミスをしたプレイヤーも残機があれば即座に復活する。
また、同時プレイの場合は片方のプレイヤーが
もう片方のプレイヤーを敵のようにパネルで弾き飛ばすことができる。
この際、吹き飛んでいる最中のプレイヤーは
特殊パネル「アタックパネル」を踏んだ時と同様の状態
(一時的に無敵のまま敵を倒せる、アイテムパネルの得点・効果が2倍)になる。

基本的な操作は移動とパネルをめくるだけ。
シンプルだが非常に奥深いシステムで、
パズルゲームのように頭を使う場面も多い。
多彩な敵キャラや特殊パネルのおかげで
最後まで飽きずにプレイできる秀逸な作品。
敵を壁に叩きつけてブチュリと磨り潰すのが思いのほか爽快。


クインティ プレイ映像
投稿者:Nintendo 公式チャンネル さん


ファミコンや、ゲームボーイアドバンスなど
Wii Uであそべる懐かしのソフト「バーチャル コンソール」版クインティ。
ダウンロード版は2014年7月2日に配信開始され、税込で514円と格安。
なお、元がインディーズ作品ということで配信が遅くなったという経緯があるらしい。


ゲームセンターCX エピソード63 クインティ
投稿者:Kommaz Loppan さん


フジテレビワンツーネクストのフジテレビONEで放送されている
ゲームバラエティ番組「ゲームセンターCX」のクインティ回。
お笑い芸人「よゐこ」の有野晋哉さんが
有野課長として全100ステージのクインティの攻略に挑戦します。


タイトルのクインティはプレイヤーキャラである「カートン」の妹。
ストーリーだけ見れば、ブラコンをこじらせた妹と
嫉妬に狂った兄達の家庭問題である。
「大好きなお兄ちゃんをとられるのがイヤ」というクインティに対し、
弟の恋人を奪おうと結託する兄3人のなんと醜いことよ(´・ω・`)
壁に叩きつけちゃいましょうね(´・ω・`)

ちなみにイラストや漫画版を手がけた杉森 建(すぎもり けん)氏は、
株式会社ゲームフリーク取締役兼アートディレクター。
「ポケットモンスター」シリーズのキャラクターをデザインし、
1作目の「ポケットモンスター 赤・緑」以降、全てのメイン作品で公式イラストを手がける。
とはいえ、全てのデザインを一人で行うのではなく、
杉森氏を含む複数のスタッフがデザインしたものを最終的に公式イラストとしてまとめ上げるのが役割。
なお、代表的な人気キャラクターのピカチュウは杉森氏が公式イラストを描いている。
アニメ版ポケモンにもメインキャラのデザインに関わっており、
劇場版のキャラも杉森氏がデザインしている。
毎年これらの設定画は期間限定でゲームフリークの公式サイトで公開されているみたい。

★GAME FREAK 株式会社ゲームフリーク オフィシャルサイト

ファミコンミニは気になったけれど、
実は結構昔にゲーム互換機っていうの?
(社外メーカーが作った二次的なコピーゲーム機みたいなの)
アレを手に入れていたので、あんまり買おうとは思わなかったんだよね。
クインティもその当時に買いなおしたもので、
しっかりとクリアしたよ!(`・ω・´)


☆わたくしごと☆
本日、リンクを一件追加しましたー(n‘∀‘)η


★さしみの適当ブログ

さしみさんによるゲームレビューブログ。
懐かしいゲームや気になっていたゲームなどのレビューが多いので、
とても楽しませてもらっておりますゾイ!
ゲーム内容や操作方法、ゲームバランスなど、
ゲーム購入前に見ておきたい情報も色々ありますよ!
いつもお世話になっております(`・ω・´)



  1. [ edit ]
  2. 懐かしのゲーム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

ブリガンダイン グランドエディション

ゲーム関連です。

今プレイしても面白いってすごいよね。
”狂王” ドリスト様バンザイ!(`・ω・´)

関連記事
ネクストキング 恋の千年王国
アルカナ・ストライクス


ブリガンダイン グランドエディション
ブリガンダインGE
ジャンル:戦略SLG
プレイ人数:1~6人
対応機種:プレイステーション
発売日:2000年5月18日
価格:6,800円



ルーンに導かれし大地フォルセナ。
その中原に王都を構えるアルメキア王国は、
その昔大陸六国の盟主として君臨した大国である。
聖王歴214年、アルメキアは長い間続いたノルガルドとの戦いに勝利を収め、
フォルセナの地には再び平安がもたらされるかに思われた。
しかし・・・。
翌、聖王歴215年2月の節。
突如として反旗を翻した王国軍総帥ゼメキスにより、国王ヘンギストは殺され、
一夜にしてアルメキア王国は滅びさった。
大陸制覇の野望に取りつかれたゼメキスは、
新帝国エストレガレスの樹立を宣言。
皇帝を名乗り、各地に襲撃を開始した。

今、時代は動乱の幕開けを告げ、英雄たちはその運命も知らぬままに舞台へと導かれる。


ハーティロビン(現:ハピネット)のブランド「イースリースタッフ」が
1998年に発売したファンタジー世界を舞台とした
戦略SLG「ブリガンダイン 幻想大陸戦記」のリメイク版。
前作よりバランス調整を始めとして様々な要素が追加されている。
本作および前作の基本システムは国盗りSLGであり、
大陸に或る6国の中から1国を選んで勢力を拡大し大陸の統一を目指す。

システム、ストーリー、キャラクターの魅力と全てが高水準の傑作ゲーム。
選べる国は6国あり、それぞれの国には君主とルーンの騎士という所謂「武将」が配属されている。
「信長の野望」や「三国志」シリーズに代表される国盗りシュミレーションゲームだが、
本作の魅力はルーンの騎士が率いるのは兵士ではなく、モンスターであるということ。
君主及びルーンの騎士には「統魔力」というステータスがあり、
この数値が高いほど強力なモンスターを多く従えることができる(最大で6体従えられる)。
一方、モンスターには統魔コストというものがあり、成長や進化することでコストが上昇していく。
一般的に、この数値が高いほど強力なモンスターである。
編成では、このコストの合計値を統魔力の範囲に収めながら各騎士にモンスターを割り振ることになる。
(統魔力が250ある場合は、コスト50を5体連れて行くも良し、コスト200と50を1体ずつ連れて行くも良し)
戦闘では近接攻撃や遠隔(魔法など)攻撃があり、場合によっては反撃なども受ける。
騎士、モンスターともにレベルの概念があり、成長することで転職や進化も可能になる。
また、ステータスアップアイテムや成長率で能力が変わるため、
後半になると同じモンスター・同じレベルでも統魔コストが若干変化したりする。
いずれにしろ、いかに敵のモンスターや騎士を倒しながら、
こちらのモンスターを失わないようにするかが肝要。
君主やルーンの騎士の成長、転職、モンスターの召喚(名前を付けることも可能)、成長、進化、
シュミレーションとしての国盗りや装備の収集、イベントの回収など
様々な要素が非常に高いレベルでまとまっている作品。


ブリガンダイン グランドエディション メドレー
投稿者:SPW財団 さん


ブリガンダイン グランドエディションのBGMメドレー。
各国の編成フェイズ曲&戦闘曲+α。
音楽は映画・アニメ・ゲームの作曲家である佐藤天平(さとう てんぺい)氏。
「魔界戦記ディスガイア」シリーズや「かまいたちの夜」特別編、
「ムゲンソウルズ」シリーズなどの音楽を手がけている方ですね。
実は前作「ブリガンダイン 幻想大陸戦記」とはかなり曲が変わっている。
個人的にはイスカリオの編成フェイズの曲が変わったのが悲しい。


ブリガンダイン 実況したいん Part1
投稿者:あしずり さん


ブリガンダインGEの初見実況動画。
選んだ国は ”聖女王” リオネッセの国レオニア。
イケメンは敵。
説明書での難易度は★★☆で、
強力なモンスターであるロックを召喚できる土地が多く、
ルーンの騎士には僧侶やモンクが多いお国柄。
隣接する国も少なく、防衛力が非常に高い。
初見のため、色々とシステムの説明を絡めて実況してくれていますね。
召喚するモンスター選びはいつもワクワクします。


メーカーの知名度に加え、前作の知名度も低かったことで
出荷本数の少ないマイナーな作品扱いされることになった埋もれた名作。
だが、現在では良好なゲームバランスと数十体ものモンスターの育成要素を兼ね備えた
良作として高い評価を得ている。
そのため、現在でも続編や再リメイクを望む声が絶えない。
いや、本当に続編頼むよ(´・ω・`)

ちなみにメインキャラクターデザイナーである宝谷幸稔(ほうたに ゆきとし)氏は、
「クリスタニア」シリーズのイラストでも有名だね。
最近ではアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」と
アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」のプロップデザインを担当しているみたい。

一時期はPSソフトでも屈指のプレミアがついており、
1万円近い値段で取引されていましたが、
2008年12月にゲームアーカイブで配信されたため、
今では600円ほどで購入することができるよ!
育成シュミレーション好きにはたまらない一本やで。


  1. [ edit ]
  2. 懐かしのゲーム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

アルカナ・ストライクス

ゲーム関連です。

懐かしのゲームを紹介するよ!(`・ω・´)

関連記事
ネクストキング 恋の千年王国


アルカナ・ストライクス
アルカナ・ストライクス
ジャンル:タクティカルカードRPG
プレイ人数:1人
対応機種:セガサターン
発売日:1997年12月11日
価格:6,800円



旅立ちの予感

少年はいつも空を見ていた。
空高く飛ぶ鳥や、ゆっくり形を変えていく雲をいつまでも眺めていた。
彼は、いつものように市場へ繰り出した。
彼が市場から立ち去ろうとすると、1人の老婆が彼の前に現れた。

彼は老婆の顔を見ようとしたが、深いフードと独特の雰囲気が邪魔をして、見ることができなかった。
「おぬしは、きれいな目をしておるな…」
「お前に…これをやろう…」
老婆に手渡されたものは古ぼけたタロットカードだった。
「知っておるか?このカードにはそれぞれ神がいてな…生きておるのじゃ」
「さあ、カードの声に、耳を傾けるがよい。さすれば神はお主の願いを聞いて下さるじゃろうて…」
「大事なのは信じる事、真っ直ぐに見つめる正しい心じゃよ…」

そう言うと、夢か幻の様に老婆の姿が消えてしまった。
彼の手にはタロットカードだけが残されていた。

満月がきれいに輝くその夜、彼は老婆にもらったカードを一枚一枚眺めていた。
カードにはいろいろな絵や人物が描かれており、美しく神秘的だった。

少年は、昼間の老婆の言葉が気になっていた。
『さあ、カードの声に、耳を傾けるがよい。さすれば神はお主の願いを聞いて下さるじゃろうて…』
だが、いくら耳を澄ましても、カードは何も話しかけてはくれなかった。

最後の一枚、なにも描かれていないカードがあった。
不思議に思った彼に、どこからともなく老婆の言葉が響いた。
「大事なのは信じる事、真っ直ぐに見つめる正しい心じゃよ…」
その白紙のカードをじっと眺める…。
…何も描いていないカードから徐々に光が溢れ出し、まばゆい光が広がり、気が遠くなっていった。

少年はカードの世界「アルカナ」へと導かれた。


1997年12月11日にタカラから発売されたセガサターン用ゲームソフト。
「サクラ大戦」シリーズや「魔神英雄伝ワタル」シリーズで有名な
広井王子氏が立ち上げたREDカンパニー(現レッド・エンタテインメント)が制作を担当。
様々な種類のカードを駆使してバトルを勝ち抜き、アルカナという世界を救うのが目的。
著名な作家陣が描いたカードが多数登場する等、
当時流行し始めていたトレーディングカードゲーム(TCG)の要素も強かった。

実は紹介する人によってジャンルが変わる不思議なゲーム。
シュミレーションでもありTCGでもあり、RPGでもある。
バトルでは、モンスターカードや消費系カード(使い捨て)等、
複数の種類のカードを組み合わせてデッキを組み、
相手側のリーダー(カード使用者)を倒せば勝利となる。
弱らせた敵モンスターカードをキャプチャー(捕獲)したり、
レベルを上げて成長させたり、名前を付けたり、収集、育成要素もある。
戦闘時の演出などが派手だが、同時にテンポを遅くするため、
ストーリーが後半に進むにつれて単調に感じてしまう人もいたかも。
また、後半からは敵の補助カードが強力で、単純に諦めた方も多かったようです。
全体で見れば良作と言っていい作品ですが、一部で不満があるといった感じでしょうか。


【SS】 アルカナストライクス OP
投稿者:tomislav さん


「Skirt」の「VIRGIN LOVE」。
「アルカナ・ストライクス」オープニングテーマ曲。
Skirt(スカート)は、1995年にポニーキャニオンの
THE ALFEEのプライベートレーベルZeitからデビュー。
南青山少女歌劇団出身の2人組、堀川由理(ほりかわ ゆり)さんと
十川貴美子(そがわ きみこ)さん(現:桜井美紀)の2人からなる女性歌手グループ。
THE ALFEEの高見沢俊彦氏プロデュースにより
秋元康氏作詞による曲「スカートをはいた果実」でデビュー。
以後も高見沢氏プロデュースによるシングル、アルバムを発売したが、1998年に解散。
4枚目のシングル「明日の鐘」はアルカナ・ストライクスのエンディングテーマ曲でもある。

当時は女性歌手ということで、あまり気にならなかったが、
今聞くとビックリするほど高見沢節が強い曲。
普通にTHE ALFEEが歌っていても違和感なさそう。
ちなみにエンディングの「明日の鐘」はTHE ALFEEがセルフカバーしており、
アルバム「Nouvelle Vague」に収録されていたりする。


Arcana Strikes [アルカナ・ストライクス] Game Sample - Sega Saturn
投稿者:Vysethedetermined2 さん


アルカナ・ストライクスのゲームサンプル動画。
基本的にストーリーは一本道なのですが、
会話イベントなどでカードをくれる人もいるので注意が必要。
世界観や戦闘シーン、レベルアップでの成長などが一通り見られます。


余談だが、当時はオープニングのせいでしばらく主人公は女の子だと思っていた。
最初から少年ていうとるがな(´・ω・`)
いや、でもこの子なら男でも・・・・・・。
ノーマルじゃない

一番好きだったカードはカレイドスコープ。
これまた当時は気にしていなかったが、
「銀河お嬢様伝説ユナ」のキャラ・メカデザイン、
「機動戦艦ナデシコ」のブラックサレナなどのメカデザインを担当していた
明貴美加さんがカレイドスコープを書いていた模様。
藤島康介さんや麻宮騎亜さん、ことぶきつかささんも加わっていたみたいなんだけれど、
どんなカードだったか全然思い出せねー(´・ω・`)


  1. [ edit ]
  2. 懐かしのゲーム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ>>

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画などが好きです!
その辺りのネタを中心にブログ書いています。
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DDONをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
441位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
72位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2017 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.