らぶかげ遊戯日記

現在DDONをメインにプレイしています。

Left 4 Dead

ゲーム関連です。

やつらがくる(´・ω・`)

関連記事
ネクストキング 恋の千年王国
アルカナ・ストライクス
ブリガンダイン グランドエディション
クインティ
KOF MAXIMUM IMPACT2
レーサーミニ四駆 ジャパンカップ
大航海時代II


Left 4 Dead
レフト 4 デッド
ジャンル:FPS/アクション
プレイ人数:1人〜8人
対応機種:Windows/Xbox 360
発売日:Windows:2008年11月18日(米版)
     2008年11月21日(日本版)
     Xbox 360:2009年1月22日
価格:対応機種による
CERO:Z(18才以上のみ対象)


2008年11月18日にValve Software(バルブ)から発売されたFPSゲーム。
いわゆるゾンビゲーに分類されると思うが、
作中ではウイルスの「感染者」という呼称となっている。
実際、このゲームに関しては感染者たちの全力ダッシュなど、
一般的なゾンビと呼ばれにくい特徴を有している。

ゲームの目的はウイルスにより凶暴化した感染者が徘徊する都市からの脱出。
プレイヤーは4人の生存者のうちの1人となり、
COOP(マルチプレイ)での他プレイヤー、もしくはCPUと協力しながら、
変わり果てた街中や郊外の森の中を進むことになる。
シングルプレイではプレイヤーキャラ以外の3人をCPUが担当、
マルチプレイでは最大4人プレイ、
対戦プレイでは最大8人までプレイできる。
プレイヤーが必ず4人チームでスタートとなることから、
シングルよりマルチプレイが重視された作りとなっており、
協力しなくてはクリアが大変に困難な箇所がいくつか用意されている。
また、一部感染者は生存者を拘束してくるが、
拘束された本人は脱出できない状況になるので、
素早く他のプレイヤー(CPU)が助ける必要がある。
なお、本作のCPUは高度なAIと精密な射撃でプレイヤーを助けてくれるが、
援護や協力に移るまで一定の時間がかかるため、
やはりプレイヤー同士での協力が一番楽しめると思う。

本作の特徴の一つに「AI Director」というものがある。
これは、プレイヤーの戦闘や行動を常に監視し、難易度を調整するシステムのことで、
プレイヤーの残り体力や武器の種類・残弾数などを考慮し、
敵やアイテムの配置・登場パターンなどを自動的に変化させるというもの。
これにより、同じマップを繰り返しプレイしても「行動のパターン化」が起こりにくくなる。
また、武器の出現場所、種類なども複数からのランダムのため、
手に入れる武器を想定しての予測行動も難しくなっている。
本作が長く遊ばれる理由の一つだね。

感染者には通常の感染者以外に特殊感染者も存在する。
遠距離から飛びかかって爪でマウント(拘束)攻撃してくる者、
感染者を引き寄せる体液を吐きかける者(至近距離で倒すと体液が体にかかる)、
高い位置から長い舌で生存者を拘束したり、引きずり寄せる者、
光などの刺激に反応して襲いかかってくる者、
圧倒的な体躯と膂力でもって、全てをなぎ倒しながら襲ってくる者などなど。
これらが全てランダムで襲ってくるため、
常にスリリングな展開がプレイヤーを待ち受けるぞ。


【ゾンビが疾走!】 Left 4 Dead 実況プレイ Part1 【Xbox360】
投稿者:ぞんちょ さん




実況プレイヤーのぞんちょさんのプレイ動画。
キャンペーンモード「No Mercy」でのシングルプレイ。
ほぼ初見プレイのようですね。
マップの作り込みも見事ですが、FPSのため、
感染者のリアルな造形が無理という人も多いかも。


【L4D】Left 4 Deadで感染者プレイ その01
投稿者:ぽっぽ さん




こちらは対戦プレイでの感染者プレイ動画。
L4Dの対戦プレイでは、生存者側と感染者側での対戦となり、
生存者側はキャンペーンモードと同じく、セーフルームに辿り着く、
感染者側はそれを阻止するために行動することになる。
生存者側は進んだ距離など、感染者側は与えたダメージなどでポイントが加算され、
最終的に、このポイントが多い方が勝利となるぞ。
感染者プレイは、特殊感染者のうちランダムで1体となり、
他の感染者と連携して、それぞれの特徴を活かした嫌がらせをしていくのが醍醐味。
感染者側でプレイすると、感染者しか通れない道や、壊せる壁なども把握できるので、
キャンペーンモードでの警戒ポイントなどを把握できるのも面白い。
なお、拘束攻撃が可能な感染者(ハンター、スモーカー、チャージャー等)が揃った場合、
1対1で全員押さえ込めば、それだけで終了となることすらあるぞ。

★LEFT 4 DEAD シリーズ 日本語版 公式サイト


正直、これのためだけにXBOX360を購入するのもアリなレベルで楽しかったゲーム。
対戦やネット協力プレイではラグが問題ではあったけれど、
細かいことにこだわるプレイヤーも少なかったからね(´・ω・`)
なんか英語でメールが来るけれど気にしない。
2017年にLeft 4 Dead3が出る、なんて噂もあったけれど、
今のところ情報は無いんだよなあ。
残念(´・ω・`)
アーケード版?アレはほら、あやねるの声が浮きすぎてさ(´・ω・`)


  1. [ edit ]
  2. 懐かしのゲーム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

大航海時代II

ゲーム関連です。

壊血病こわい(´・ω・`)

関連記事
ネクストキング 恋の千年王国
アルカナ・ストライクス
ブリガンダイン グランドエディション
クインティ
KOF MAXIMUM IMPACT2
レーサーミニ四駆 ジャパンカップ


大航海時代II
大航海時代2
ジャンル:リコエイションゲーム(シミュレーション)
プレイ人数:1人
対応機種:PC-9801
 FM-TOWNS
 X68000
 スーパーファミコン
 メガドライブ
 PlayStation
 セガサターン
 Windows95-Me
 Macintosh
 携帯電話
 Wii、Wii Uバーチャルコンソール
発売日:1993年2月10日(PC-9801版)
価格:対応機種による
CERO:A(Wii U版:全年齢対象)


光栄(現コーエー)から発売された人気シミュレーションゲーム
「大航海時代シリーズ」の2作目。
様々な機種に移植された名作で、2013年10月にはWii Uでも発売された。

前作である「大航海時代」のゲームシステムを踏襲しつつ、
6人の主人公から1人を選択し、それぞれの最終目標に向かって海で名声を上げることになる。
基本的にはどんな行動をとってもOKなシステムになっているので、
後述する「必要名声」を得るのに不適当な行動(商人が海賊行為をしたり)をとっても問題ない。
むしろ、海賊キャラでも資金稼ぎのために序盤は商人プレイをオススメするほど。
ストーリーの進行によって、他シナリオの主人公や登場人物が現れる演出があるため、
主人公同士の関係性などストーリー部分もやり込みがいがある。

主人公は出身も目的も違う6人の男女。
ストーリー(イベント)を進めるには、「名声」を高める必要があり、
主人公によって必要とする名声の種類が異なる。

冒険名声
地図工房と契約し、世界中を旅して地図の空白を埋めたり、
未発見の集落や港を発見したり、
世界中の珍しい物(遺跡・動物・自然現象など)を発見し、コレクターに報告すると高まる、
文字通り、「冒険」によって得られる名声。

交易名声
他国の同盟港、もしくは中立港に投資して自国の同盟港にしたり、
ギルドで商品の輸送・購入の仕事をこなすことで高まる、
商売・交渉系の仕事で得られる名声。

海賊名声
ギルドで海賊退治や借金取り立ての依頼をこなしたり、
海賊船または他国船に交戦を挑み、勝利することで高まる、
最もシンプルで最も危険の伴う名声。


また、国籍を持つ主人公の場合は、名声が一定値以上になると与えられる
勅命(国王や総督からのお願い)を達成することで爵位が与えられる。
爵位を持つと様々な(主に金銭的な)恩恵を得られるうえ、
爵位のグレードを上げることで、更に恩恵が増していく。
イベントそっちのけで、こちらをひたすら上げるのもゲームの楽しみ方の一つである。

交易、造船、投資、海戦、探索など様々な楽しみ方ができる作品で、
特に私が好きだったのは船の改造。
乗船員の数を増やし、船首像や武装を取り付け、
無敵艦隊を作るのも楽しいし、
乗船員の数を最低限にし、船内をほぼ倉庫にして
大交易船団を作るのもええぞ。
また、船には帆船(帆に風を受けて進む)とガレー船(手漕ぎ)があり、
風の影響を受けないガレー船は海戦向き、
風で動くため、人手が少なくて済む帆船は冒険向き。
(このあたりは人の好みにもよると思う)
一定ルートを巡回する交易では、地域の風の流れ(一定周期で変わる)を
読むことで、帆船での高速交易などができるが、
初心者はお値段安めのガレー船を交易型に改造するのがええぞ。

もちろん、船には自分で好きな名前を付けられる。
キャラベル船に「メリー号」と名づけてもいいし、
どこぞの首領のようにガレオン船団を率いてもいいぞ。
和風なイメージにしたい方は漢字も使用できる。
コーエー独特ともいえる「どこに使うんだよ」ってレベルの漢字の量と質は驚愕。
金色疋殺地蔵(こんじきあしそぎじぞう)の「疋」が普通に出てきて草。
僕の大紅蓮氷輪丸すぐ沈む(´・ω・`)


【TAS】SFC 大航海時代Ⅱ アル編 in 1:01:02.76 Part1
投稿者:まつ さん


SFC版「大航海時代」主人公の一人、アル編クリアまでのTAS動画。
PS版の大航海時代はロード時間が長いのでTASに向かないかもね(´・ω・`)

「TAS」とは
Tool-Assisted Speedrun(ツール・アシステッド・スピードラン)、または、
Tool-Assisted Superplay(ツール・アシステッド・スーパープレイ)の略。
ゲームのエミュレータの機能に搭載されている機能を使い、
実行速度のスロー化やコマ送り、QS/QLによる追記(やり直し)、
メモリビューア(乱数など内部数値の覗き見)などを用いて(ツールアシスト)、
実機で理屈上可能だが通常の人間のプレイでは
とても再現できないようなスーパープレイ映像を作りだすもの。
クリアタイムの記録は、殆どの場合が「ゲーム起動」の瞬間から
「最後の操作」の瞬間までの動画での時間である。
ゲーム内のメモリ数値の強制変更等を含む「チート」とは別であり、
理論上は実機でも再現可能ではあるが、
人間の能力上で再現可能とはいえないものが殆どである。
ニコニコ大百科より


大賭博時代の幕開け。
説明が丁寧で淡々としている分、恐怖を感じる。
乱数調整の博徒は交易をしない(ラノベタイトル)。
商売の才能とはいったい・・・・・・(´・ω・`)


TAS提督が日本船で無敵艦隊を殲滅するようです【大航海時代2】
投稿者:papipapi さん


Tool-Assisted Superplay(ツール・アシステッド・スーパープレイ)の方のTASさんかな?
大航海時代2の主人公の一人、オットーのエンディングが含まれるので注意。

「ファン・ガンマ・ビゼン」タグ理解。
動画内で登場した日本の船舶は日本でしか建造できないため、
無改造のまま本国に帰ってくるのは至難の業。
日本や中国の船舶を地中海方面に持ってきたい時は
改造で冒険用(乗船員少なめで食料や水を多めに詰めるよう)にしておこう。


動画を探すとTASばかり見つかるのですが、
これは時間をいくらでもかけられるゲームゆえの欠点かもね。
延々と同じコースの交易を見せられてもアレだし、
遠出すると下手すりゃ10分くらい海しか見えないからね(´・ω・`)

なお、ゲーム中で雇える航海士たちや、各国の船長たちも魅力。
船団を作るために航海士を雇う必要があるのだが、
序盤は彼らを探して酒場を回るだけでも楽しかったりする。
海賊なども船団を壊滅させることで酒場に出現することがあり、
序盤に散々苦しめられた相手を仲間にするという達成感もある。
紹介した動画内でもちょっとコメントで触れられているが、
序盤では絶対に関わってはいけない大海賊などもいるので、
このあたりのキャラのステータスを見るだけでも楽しかったりする。
特に”赤髭”ハイレディン・レイスや、”黒髭”アイディン・レイスは
追い掛け回されてトラウマになっている人もいるかも。


  1. [ edit ]
  2. 懐かしのゲーム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

レーサーミニ四駆 ジャパンカップ

ゲーム関連です。

もはや多人数でワイワイなんて機会ねえなあ(´・ω・`)

関連記事
ネクストキング 恋の千年王国
アルカナ・ストライクス
ブリガンダイン グランドエディション
クインティ
KOF MAXIMUM IMPACT2


レーサーミニ四駆 ジャパンカップ
レーサーミニ四駆 ジャパンカップ
ジャンル:ボードゲーム
プレイ人数:1~4人(対戦プレイ)
対応機種:ファミリーコンピュータ
発売日:1989年8月25日
価格:6,372円(税込)


ファミリーコンピュータ向けにコナミから発売されゲーム。
発売当時、小学生を中心に爆発的人気だったミニ四駆を題材にしたボードゲーム。

主人公はなかなか個性的な小学生4人。
フランケンシュタインのような顔をした怪力の持ち主、フランコ。
プレイヤーキャラの紅一点、勝気そうなミナコ。
頭はいいが、力は弱い、ぐるぐる眼鏡が特徴のハカセ。
女の子の様な風貌をしている男の子(娘?)カマコ。

ボードゲームパートでお金を稼いだり、ミニ四駆のパーツを買ったり、入手したり、
それらを使ってミニ四駆を買い換えたり、改造したり、
大会に出場してレースパートで1位を目指すのが主なゲームの流れ。
レースパートで上位入賞すると順位に応じて「ポイント」を獲得でき、
ポイントを一定値以上溜めると「ジャパンカップ」に出場できる。
この「ジャパンカップ」で優勝するのがゲームの最終目的。

ボードゲームパートでは、
所持金や売却アイテムが入手できるイベントが多く発生する「いなか」と
ミニ四駆のパーツなどが売られているショップがある「シティー」があり、
特定のタイミングで現れる電車に乗ることで行き来ができる。
移動はルーレットなので、目押しをするか、運が良くないと
延々と目当てのマスにたどり着けないことも。

ボードゲームパートで設定したターン数が経過するとレースが開催される。
レース自体はプレイヤーが関われる部分がなく、
これまでに改造したミニ四駆の性能だけが頼りとなる。
レースは特定NPCかプレイヤー同士の戦いである「草レース」を除き5種類。
「ドラゴンウェーブ」、「クラッシュレスリング」、「スピードフラッパー」、「グレートコンバット」、
そして最終目標である「ジャパンカップ」。
なお、「ドラゴンウェーブ」から「ジャパンカップ」は、
すべて過去に現実のタミヤの公式レースで使われたコース。
レースにはそれぞれ特徴があるため、次のレース内容に合わせた改造が理想となる。

ちょっと変わった要素として「バイオリズム」がある。
バイオリズムは一定終期で毎ターン上昇か下降し、イベントでも増減する。
バイオリズムが高いとボードゲームパートではルーレットの速度が遅くなり、
イベントの内容も得するものが多くなり、同じイベントでも貰えるお金が増える。
レースパートにおいても、マシンがコースアウトしにくくなるなど有利になる。
非常に重要で面白いステータスである。

登場するミニ四駆
基本的にシティーのミニ四駆ショップで購入できるが、
漫画「ダッシュ!四駆郎」に登場した「ダッシュシリーズ」のみ特定のイベントでしか入手できない。
他の車種に比較してずば抜けて速いわけではないが、
手に入れると、本日の主役として羨望と嫉妬の目で見られることになる。

◆ゲーム開始時に選択でき、ショップでも購入できる車種
ホットショットJr.
ホーネットJr.
フォックスJr.
ブーメランJr.
ビッグウィッグJr.
ファルコンJr.

◆ショップで購入できる車種
スーパードラゴンJr.
サンダードラゴンJr.
サンダーショットJr.
スーパーセイバーJr.
ファイヤードラゴンJr.
アバンテJr.
グラスホッパーIIJr.
ライジングバード
バンキッシュJr.
スコーチャーJr.

◆イベントでのみ入手できる車種
エンペラー
バーニングサン
シューティングスター


懐かしい名前が並んでいるね。
個人的には実際に持っていた「バーニングサン」が好き。
自分が走らせるとクッソ遅かったけどな!


ゆっくり解説 レーサーミニ四駆ジャパンカップ PART0
投稿者:黒崎課長 さん


ゆっくりレトロゲーの車窓から」で有名な黒崎課長さんの動画。
レーサーミニ四駆ジャパンカップのゆっくり実況前の解説回で、
説明書やゲーム内だけでは理解しにくい要素の説明もしてくれます。
グレートコンバットまじかよ・・・・・・(´・ω・`)

▼本編第1回



【TAS】レーサーミニ四駆ジャパンカップ JC2制覇(00:31:59)【ミナコ】
投稿者:Izzey さん


レーサーミニ四駆 ジャパンカップTAS動画。

「TAS」とは
Tool-Assisted Speedrun(ツール・アシステッド・スピードラン)、または、
Tool-Assisted Superplay(ツール・アシステッド・スーパープレイ)の略。
ゲームのエミュレータの機能に搭載されている機能を使い、
実行速度のスロー化やコマ送り、QS/QLによる追記(やり直し)、
メモリビューア(乱数など内部数値の覗き見)などを用いて(ツールアシスト)、
実機で理屈上可能だが通常の人間のプレイでは
とても再現できないようなスーパープレイ映像を作りだすもの。
クリアタイムの記録は、殆どの場合が「ゲーム起動」の瞬間から
「最後の操作」の瞬間までの動画での時間である。
ゲーム内のメモリ数値の強制変更等を含む「チート」とは別であり、
理論上は実機でも再現可能ではあるが、
人間の能力上で再現可能とはいえないものが殆どである。
ニコニコ大百科より


ツールのアシストの定義が難しいところですが、
宝くじって当たるんだな(´・ω・`)
あんな所持金額見たことねえよ。
欲を言えば、全てのレースで勝って欲しかったですが、
タイムアタックであれば、わざと負けるのもやむなしか。
エンディング初めて見た(´・ω・`)


多人数プレイとボードゲームの楽しさを教えてくれたゲーム。
ファミコンソフトにありがちなタイトル画面で
特定のコマンドを入力する裏ワザなんかも結構あったね。
小学生の頃はカマコが女の子だと思ってたよ。
当時としては時代を先取りしすぎた男の娘だったね。
実際のカマコの嗜好はヘテロなのかゲイなのかバイなのかわからんけれど、
今だと薄い本のネタにされてたかもしれんね。
汚ねえ大人になっちまったよ(´・ω・`)

ちなみに小学生の甥っ子にプレイさせてみたら、
ファミコン独特の文字(フォント)が読めないって言われた。
今じゃ、どのゲームも文字が読みやすくなってるからなあ。
いや、読めないはおかしいだろ。


  1. [ edit ]
  2. 懐かしのゲーム
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ>>

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画などが好きです!
その辺りのネタを中心にブログ書いています。
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DDONをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
73位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.