らぶかげ遊戯日記

現在DDONをメインにプレイしています。

「Bloody Tears」

音楽関連です。

同じゲームを長期間プレイしていると、
どうしても飽きがきてしまうものですが、
気分を変えてプレイしようにも、
視覚情報を変えるというのはなかなか難しいですよね。
ではせめて聴覚情報を変えて気分転換を図ろうという試み。
今回もゲーム中によく聴くBGMを紹介。

選曲は完全に個人的趣味です(`・ω・´)

関連記事
「彼の者の名は」 「戦いの鐘」
「Battle of Omega」 「光のWILL POWER」
「Mighty Obstacle」 「Holy Orders」
「オルフェンズの涙」 「愛しき抗いよ、導け光へ」
「邪悪なる飛翔」 「戦いの果てに」
「死闘」 「バトル【地下水道】」
「林檎華憐歌」
「LAGOON RUSH」
「バレットバトル-ヘンゼル&グレーテル」 「バレットバトル-銀次」
「ICHIBAN WA ME」 「Two Deadly Girls」
「内戦の国」 「艶花の国」
「仮面ライダーBLACK RX」 「光の戦士」
「過重圧殺!~蛮神タイタン討滅戦~」 「墜天せし者」
「参上!!ギニュー特戦隊!!」 「ソリッドステート・スカウター」
「超空転神トランセイザー」 「プライド」
「ハナマル☆センセイション」 「One Fine Day」
「SPIRIT」 「Lost Boy」
「AC版・源平討魔伝」 「FC版・源平討魔伝」
「夢冒険」 「プレッジハート(誓約)」
「純情スペクトラ」 「トポロジー」
「笑顔を探して」 「フェルトのペンケース」
「青空のKnife」 「Pink Rose」
「怪傑ロビンのテーマ〜この世に悪は栄えない〜」
「trezire de spirit」 「乾坤の血族 Ver.511」
「ダークプリズン」 「VIOLENT BATTLE」
「Let it go」
「KOF MAXIMUM IMPACT」
「僕らのおち〇ぽ。」
「鮮烈のリュウ」①
「鮮烈のリュウ」②
「ヒーロー」


【アレンジ】ドラキュラII Bloody Tears【血の涙】
投稿者:家が燃えているね、俺んちさ さん


「悪魔城ドラキュラⅡ 呪いの封印」より「BloodyTears」のアレンジ。
コナミのファミコン用ディスクシステム用ソフト
「悪魔城ドラキュラⅡ 呪いの封印」のメインテーマ曲。
ゲーム中ではフィールド面の「昼間」のシーンで流れる曲で、
プレイ経験のある方なら一番耳に残っている曲だと思う。
サントラなどでは、様々な音楽ジャンルへのアレンジがされており、
シリーズ全体を通して使われる一曲として、ドラキュラ三大名曲の一角に数えられる。

アレンジャーの「家が燃えているね、俺んちさ」さんは、前奏詐欺で有名な人。
序盤は原作に忠実なアレンジから入るが、
唐突にメタルアレンジなどに突入するため、
この落差によるインパクトでも視聴者を熱狂させてくれる。
今回の動画では31秒付近からが本番。
原曲は元々音源数が少ないので、主旋律を押し上げながら脇を豪華にしていくスタイル。
原曲へのリスペクトを忘れない姿勢は好感が持てます。
音源が一気に増える31秒付近では、
2Dだったドラキュラが3Dになった瞬間を幻視できるかもしれない。


Bloody Tears(IIDX EDITION) (NORMAL) ☆5
投稿者:にょー さん


「beatmaniaIIDX13 DistorteD」より「BloodyTears(IIDX EDITION)」。
DJ YOSHITAKAによるリミックスで、
ジャンルは「HARD RENAISSANCE(ハードルネッサンス)」。
後に「DDR SuperNOVA2」にも収録された。

BPM170と結構な速度の曲で、
NORMAL譜面とはいえ、アレンジのタイミングが掴めない内は、
スクラッチのいやらしさも相まってなかなかに難しそう。
ビーマニ用ということで、一音ごとの主張が強くなっており、
メリハリの効いた、音を刻むようなアレンジとなっている。


今回は悪魔城ドラキュラシリーズより「Bloody Tears」のアレンジを紹介。

▼原曲やその他のBloody Tears


「ドラキュラⅡ 呪いの封印」は当時クリアできんかったのよー(´・ω・`)
最近になってTAS動画とか見てみたんだけれど、
アレはガキには難易度高杉晋作やろ。
RPG要素とお買い物は楽しかったんだけれど、
日数経過によるマルチエンディングのうえに隠し要素も多く、
リアルでの情報収集が難しいとクリアは厳しかったのよ(´・ω・`)
あとこれな。
ソシテ センリツノ ヨルガ オトズレタ


  1. [ edit ]
  2. 音楽
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

「ヒーロー」

音楽関連です。

スーパーで流れていたから(´・ω・`)

関連記事
「彼の者の名は」 「戦いの鐘」
「Battle of Omega」 「光のWILL POWER」
「Mighty Obstacle」 「Holy Orders」
「オルフェンズの涙」 「愛しき抗いよ、導け光へ」
「邪悪なる飛翔」 「戦いの果てに」
「死闘」 「バトル【地下水道】」
「林檎華憐歌」
「LAGOON RUSH」
「バレットバトル-ヘンゼル&グレーテル」 「バレットバトル-銀次」
「ICHIBAN WA ME」 「Two Deadly Girls」
「内戦の国」 「艶花の国」
「仮面ライダーBLACK RX」 「光の戦士」
「過重圧殺!~蛮神タイタン討滅戦~」 「墜天せし者」
「参上!!ギニュー特戦隊!!」 「ソリッドステート・スカウター」
「超空転神トランセイザー」 「プライド」
「ハナマル☆センセイション」 「One Fine Day」
「SPIRIT」 「Lost Boy」
「AC版・源平討魔伝」 「FC版・源平討魔伝」
「夢冒険」 「プレッジハート(誓約)」
「純情スペクトラ」 「トポロジー」
「笑顔を探して」 「フェルトのペンケース」
「青空のKnife」 「Pink Rose」
「怪傑ロビンのテーマ〜この世に悪は栄えない〜」
「trezire de spirit」 「乾坤の血族 Ver.511」
「ダークプリズン」 「VIOLENT BATTLE」
「Let it go」
「KOF MAXIMUM IMPACT」
「僕らのおち〇ぽ。」
「鮮烈のリュウ」①
「鮮烈のリュウ」②


Bonnie Tyler -Holding Out for a Hero-
投稿者:お味噌 さん


「Bonnie Tyler(ボニー・タイラー)」の「Holding Out for a Hero」。
ホールディング・フォー・ア・ヒーロー、
意訳すると「ヒーロー(のような彼)が欲しい」といったところでしょうか。
理想の男性像をヒーローに見立てた女性が
ヒーローが現れるのを待ちながら叫ぶ歌(だいたい合ってるはず)。
訳詞の「街のヘラクレスは どこにいるの?」は素晴らしいセンス。
全然関係ないけれど、ゾンビ屋れい子でジャスミンが豪人のことを
「すっごいヘラクレス」ってうっとり言ってたのを思い出した。

ボニー・タイラーさんはウェールズの女性歌手。
1977年に最初のアルバム「The World Starts Tonight」を出した後、
声帯にできたポリープを切除する手術を受けたのだが、
医者に止められていたにもかかわらず、
完治する前に声を出してしまったために、歌声がかすれてしまった。
通常であれば、歌手生命の終わりだと思われたが、
1978年の次のシングル「It's A Heartache」が6ヶ国で1位となり、
UKでは最高4位、USポップチャートでは3位、USカントリーチャートでは10位になり、一躍スターに。
その後もアルバム「Faster Than the Speed of Night」が大ヒットし、
ジム・スタインマン作のシングル「Total Eclipse of the Heart」は4週連続1位を記録した。
「Faster Than the Speed of Night」はUKアルバムチャートで初登場1位となり、
これは女性アーティストとしてはボニーが初達成で、ギネスブックに認定されている。

「Holding Out For A Hero」は米国映画「Footloose(フットルース)」、
邦題「フットルース 夢に向かって」の挿入歌だが、
日本では後述する麻倉未稀さんのカヴァーした
「スクール☆ウォーズ」の主題歌が有名。
なお、若い世代だとXbox 360、プレイステーション3、Windows用ゲーム
「Saints Row: The Third(セインツ・ロウ:ザ・サード)」の後半で初めて聞いた人もいるかも。

理想とする完璧なヒーローを歌い上げるだけあって、
勇壮で豪気な曲調が恐ろしいほどテンションを上げてくれる。
イントロ、コーラスと全ての要素が吹き上がるマグマのような熱気を感じさせる曲。
まさに”焦がれる”といったところか(`・ω・´)


麻倉未稀『ヒーロー -Holding Out For a Hero-』
投稿者:不明


1984年に公開された米国映画「フットルース」の挿入歌である
ボニー・タイラーの「Holding Out for a Hero」の日本語カヴァー。
TBS土曜21時台の大映ドラマ「スクール☆ウォーズ」の主題歌として使用され、
ドラマと共にヒットした麻倉未稀さんの11枚目のシングル。
ドラマのオープニングでは「ヒーロー」と表記されていた。

麻倉未稀(あさくら みき)さんはTBS系大映ドラマの主題歌の歌い手として有名。
「スチュワーデス物語」の主題歌「What a feeling~フラッシュダンス」、
「乳姉妹」の主題歌でボン・ジョヴィの「夜明けのランナウェイ」のカバー「Runaway」、
そして「スクール☆ウォーズ」の主題歌でボニー・タイラーの
「Holding Out for a Hero」のカバー「ヒーロー」が代表曲。
なお、最もヒットした曲はこれまたTBS系の
「さよならを教えて」挿入歌である「黄昏ダンシング」。

主題歌「ヒーロー」が流れる「スクール☆ウォーズ」のオープニングでは、
芥川隆行さんの「この物語は…」のナレーションに合わせて
伏見工業高校ラグビー部(ドラマでの川浜高校のモデル)が
入場するシーンが最初に登場するため、
現在でもテレビ番組などでラグビーの話題が出る時は、
BGMにこの「ヒーロー」が流れる事が多い。

プロボクサー・浜田剛史さんが入場曲に使用していたほか、
新日本プロレスの「青義軍」が、イメージソング・リング入場曲としても使用している。
曲のカヴァーも多く、大黒摩季さんやデーモン小暮閣下など、
果てはテレビアニメ「暗殺教室」のキャラクターソングとして、
岡野ひなた(田中美海さん)、片岡メグ(松浦チエさん)、
矢田桃花(諏訪彩花さん)の三人が歌っている。

日本語カヴァーであって、日本語訳というわけではないうえに
「I need a hero」→「You need a hero」など、
実は英語歌詞部分も結構違ったりする。

直接的に訴えかける歌詞ではないが、
心から溢れる熱い想いが断片的に噴き出してくるかのような迫力。
麻倉さんの歌唱力と原曲の素晴らしさが狂おしいほどにフュージョンしている。
この曲が流れている間のラガーマンは無敵らしい。


今回は懐かしい「ヒーロー」とその原曲を紹介。
「スクール☆ウォーズ」自体は未視聴なので、よくわからんけれど、
真ん中に☆入っているのは初めて知った。
今だと「すくーる☆うぉーず」ってタイトルでアニメ化されそう。
原曲のPVはツッコミコメントで溢れていますが、
和訳を見ると意外と忠実な再現なんじゃないかと思えてくる不思議(´・ω・`)


  1. [ edit ]
  2. 音楽
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

「鮮烈のリュウ」②

音楽関連です。

お の れ 邪 鬼 王 !(`・ω・´)

関連記事
「彼の者の名は」 「戦いの鐘」
「Battle of Omega」 「光のWILL POWER」
「Mighty Obstacle」 「Holy Orders」
「オルフェンズの涙」 「愛しき抗いよ、導け光へ」
「邪悪なる飛翔」 「戦いの果てに」
「死闘」 「バトル【地下水道】」
「林檎華憐歌」
「LAGOON RUSH」
「バレットバトル-ヘンゼル&グレーテル」 「バレットバトル-銀次」
「ICHIBAN WA ME」 「Two Deadly Girls」
「内戦の国」 「艶花の国」
「仮面ライダーBLACK RX」 「光の戦士」
「過重圧殺!~蛮神タイタン討滅戦~」 「墜天せし者」
「参上!!ギニュー特戦隊!!」 「ソリッドステート・スカウター」
「超空転神トランセイザー」 「プライド」
「ハナマル☆センセイション」 「One Fine Day」
「SPIRIT」 「Lost Boy」
「AC版・源平討魔伝」 「FC版・源平討魔伝」
「夢冒険」 「プレッジハート(誓約)」
「純情スペクトラ」 「トポロジー」
「笑顔を探して」 「フェルトのペンケース」
「青空のKnife」 「Pink Rose」
「怪傑ロビンのテーマ〜この世に悪は栄えない〜」
「trezire de spirit」 「乾坤の血族 Ver.511」
「ダークプリズン」 「VIOLENT BATTLE」
「Let it go」
「KOF MAXIMUM IMPACT」
「僕らのおち〇ぽ。」
「鮮烈のリュウ」①


無双☆スターズ 鮮烈のリュウ-Stars Mix GT-
投稿者:びりー さん


PS4/PS Vita用ゲーム「無双☆スターズ」より「鮮烈のリュウ-Stars Mix GT-」。
編曲は「鮮烈のリュウ -DW SW MIX-」の小池雅人氏。
「無双OROCHI」での功績が大きく評価され、続編の魔王再臨、Zではサウンドディレクターに昇格、
現在では、無双シリーズの楽曲を語る上で外すことのできない存在にまで成長している。

コラボ系無双の楽曲を得意とする小池氏が編曲しただけあって、
原曲を活かしたまま無双感がすごい曲に仕上がっている。
特に出だしのギターとドラムだけで無双っぽさを一気に掻き立てるのが鳥肌。


【忍者龍剣伝 巴版】鮮烈のリュウ
投稿者:☆姐さん☆ さん


スーパーファミコン版「忍者龍剣伝 巴」(ファミコン3部作の移植)における「鮮烈のリュウ」。
前奏パートの木琴のおかげで、えらいコミカルで愉快な雰囲気に。
アレンジとしての評判は軒並み悪いが、私は嫌いじゃない(´・ω・`)
ゲームを経験していれば違った感想になりそうだけれど、
今聞くとそこまで悪くないように感じるのは心が広くなったのか
当時を知らないが故の余裕なのか。
再生数的になんだかんだいって、みんな結構好きなんだと思う。

お の れ 木 琴 !


今回は予告していた「鮮烈のリュウ」のアレンジを紹介。
疾走感、爽快感、期待感といずれもが群を抜いた名曲だと思うの。
今後もリュウ・ハヤブサのテーマとして色々なアレンジを聞かせて欲しい。
あ、ゲームボーイ版も好きよ。


  1. [ edit ]
  2. 音楽
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ>>

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画などが好きです!
その辺りのネタを中心にブログ書いています。
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DDONをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
73位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.