らぶかげ遊戯日記

現在DDONをメインにプレイしています。

「鮮烈のリュウ」①

音楽関連です。

お の れ 邪 鬼 王 !(`・ω・´)

関連記事
「彼の者の名は」 「戦いの鐘」
「Battle of Omega」 「光のWILL POWER」
「Mighty Obstacle」 「Holy Orders」
「オルフェンズの涙」 「愛しき抗いよ、導け光へ」
「邪悪なる飛翔」 「戦いの果てに」
「死闘」 「バトル【地下水道】」
「林檎華憐歌」
「LAGOON RUSH」
「バレットバトル-ヘンゼル&グレーテル」 「バレットバトル-銀次」
「ICHIBAN WA ME」 「Two Deadly Girls」
「内戦の国」 「艶花の国」
「仮面ライダーBLACK RX」 「光の戦士」
「過重圧殺!~蛮神タイタン討滅戦~」 「墜天せし者」
「参上!!ギニュー特戦隊!!」 「ソリッドステート・スカウター」
「超空転神トランセイザー」 「プライド」
「ハナマル☆センセイション」 「One Fine Day」
「SPIRIT」 「Lost Boy」
「AC版・源平討魔伝」 「FC版・源平討魔伝」
「夢冒険」 「プレッジハート(誓約)」
「純情スペクトラ」 「トポロジー」
「笑顔を探して」 「フェルトのペンケース」
「青空のKnife」 「Pink Rose」
「怪傑ロビンのテーマ〜この世に悪は栄えない〜」
「trezire de spirit」 「乾坤の血族 Ver.511」
「ダークプリズン」 「VIOLENT BATTLE」
「Let it go」
「KOF MAXIMUM IMPACT」
「僕らのおち〇ぽ。」


無双OROCHI2より 鮮烈のリュウ -DW SW MIX-
投稿者:evidevi3 さん


PS3/XBOX360用ゲーム「無双OROCHI2」より「鮮烈のリュウ -DW SW MIX-」。
編曲はコーエーテクモゲームスに所属するゲームミュージック作曲家・小池雅人氏。
「無双OROCHI」における楽曲が有名で、
トランスをベースにハードロックと日本の民族楽曲の要素を組み合わせた楽曲群は
作品のテーマである三國無双と戦国無双の世界観の融合をうまく表現し、高く評価された。

ファミコン版である「忍者龍剣伝」第1作のSTAGE 4-2坑道ステージで流れるBGMであり、
エンドロールにも使用されている曲。
楽曲の評価が高い忍者龍剣伝3部作の中でも、屈指の神曲として挙げられ、
軽快なドラムサウンド、疾走感のあるメロディで、とてもカッコイイ曲に仕上がっている。
まさに忍者龍剣伝シリーズの代表曲。

「無双OROCHI2」において「NINJA GAIDEN」からゲスト出演を果たした
リュウ・ハヤブサのテーマに起用されたことで当時からのファンが大歓喜した。
和楽器とエレキギターによるトランスサウンドは、
神アレンジとの呼び声が高く、ファンを喜ばせた。


鮮烈のリュウ『忍者龍剣伝(FC)』10分耐久
投稿者:MakotoPeteeeeen さん


ファミコンソフト「忍者龍剣伝」より「鮮烈のリュウ」。
「鮮烈のリュウ」の原曲ですね。
当初は題名無しの曲だったが、
あまりの反響から後に「鮮烈のリュウ」の名がつけられたナンバー。
原曲の作曲者である山岸氏はコーエーに在籍していた時期があり、
無双シリーズの第一作目に当たる「三國無双」の作曲を手掛けていたとか。
コーエーとテクモが統合する前から奇妙な縁があるのかも。

▼曲と画像はこちらからお借りしたものみたい



今回は最近特に聞いている「鮮烈のリュウ」のアレンジと原曲を紹介。
元々はMUGENのBGMでチラッと聴いて、
「なんだっけこれ?すげー昔に聞いたことある!」
と思って検索したんよね(´・ω・`)
無双系と同じくリュウが出演している「DEAD OR ALIVE」シリーズや
「NINJA GAIDEN」シリーズでは聞くことが出来ないのかな?
他のアレンジも紹介したいので、
次回「お の れ 木 琴 !」でまたお会いしましょう。


  1. [ edit ]
  2. 音楽
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

「僕らのおち〇ぽ。」

音楽関連です。

もうどうにでもな~れ
みんな、おち〇ぽにな~れ(´・ω・`)

関連記事
「彼の者の名は」 「戦いの鐘」
「Battle of Omega」 「光のWILL POWER」
「Mighty Obstacle」 「Holy Orders」
「オルフェンズの涙」 「愛しき抗いよ、導け光へ」
「邪悪なる飛翔」 「戦いの果てに」
「死闘」 「バトル【地下水道】」
「林檎華憐歌」
「LAGOON RUSH」
「バレットバトル-ヘンゼル&グレーテル」 「バレットバトル-銀次」
「ICHIBAN WA ME」 「Two Deadly Girls」
「内戦の国」 「艶花の国」
「仮面ライダーBLACK RX」 「光の戦士」
「過重圧殺!~蛮神タイタン討滅戦~」 「墜天せし者」
「参上!!ギニュー特戦隊!!」 「ソリッドステート・スカウター」
「超空転神トランセイザー」 「プライド」
「ハナマル☆センセイション」 「One Fine Day」
「SPIRIT」 「Lost Boy」
「AC版・源平討魔伝」 「FC版・源平討魔伝」
「夢冒険」 「プレッジハート(誓約)」
「純情スペクトラ」 「トポロジー」
「笑顔を探して」 「フェルトのペンケース」
「青空のKnife」 「Pink Rose」
「怪傑ロビンのテーマ〜この世に悪は栄えない〜」
「trezire de spirit」 「乾坤の血族 Ver.511」
「ダークプリズン」 「VIOLENT BATTLE」
「Let it go」
「KOF MAXIMUM IMPACT」


最終鬼畜で絶対可憐な全部おち○ぽ
投稿者:s@yaworks さん


「COOL&CREATE」の「 ~ 僕らのおちんぽ。 ~」より。
「僕のおちんぽ。」、「チンポリズム」、「君に、おちんこ。」、
「僕らのおちんぽ。」、「myu314のおちんぽ。」。
俺はなにを書いているんだろう。

C74にて頒布された、同人サークル「COOL&CREATE」制作のオリジナルアルバム。
全16トラックで、アルバムのタイトルの通り、
楽曲の歌詞の大半がちんぽで埋め尽くされている。
価格は手焼きCD-R版が100円、プレス版が200円。
CD-R版ではジャケットに「僕らのおちんぽ。」と書かれているが、
プレス版では'ち'の部分に修正が入っている。
(印刷所に拒否されたらしい)
「COOL&CREATE」名義ではあるが、歌っているのは、ほぼビートまりおさん。

ビートまりお氏関連記事
「エピクロスの虹はもう見えない」 「東方紅茶館 『STG-FOP』 」
「最終鬼畜妹フランドール・S」 「ナイト・オブ・ナイツ」
「林檎華憐歌」

「COOL&CREATE」や「おち〇ぽ全国放送事件」については
「林檎華憐歌」の記事を参照してくれたまい。
他のおち〇ぽを聞いてみたい方はこちら。

★人気の「僕らのおちんぽ。」動画 ニコニコ動画


今回は友人が呼吸困難で死にかけた曲を紹介。
先日、ローソンで店員さんに渡した小銭の10円玉と5円玉を間違えていたのですが、
お互いに頭が回らず、10円足したり、5円引いたりで5分くらいワチャワチャしてた(´・ω・`)
めっちゃ長いレシート貰って、
「俺、疲れてるみたいです」、
「私もたまに頭おかしくなるんですよー」

無難な会話をしてクールに去ってきたよ。
死にたい(´・ω・`)


  1. [ edit ]
  2. 音楽
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

「Jimang Shot」 「Natsumi Bomb」

音楽関連です。

同じゲームを長期間プレイしていると、
どうしても飽きがきてしまうものですが、
気分を変えてプレイしようにも、
視覚情報を変えるというのはなかなか難しいですよね。
ではせめて聴覚情報を変えて気分転換を図ろうという試み。
今回もゲーム中によく聴くBGMを紹介。

選曲は完全に個人的趣味です(`・ω・´)

関連記事
「ニヒル神楽」 「魔境堕天録サリエル」
「エピクロスの虹はもう見えない」 「東方紅茶館 『STG-FOP』 」
「PLAY MY GAME(Lady's)」 「百鬼飛行」
「Miracle∞Hinacle」 「にとり」
「Tag」 「Prominence」
「No Life Queen」 「Drive my Life」
「物凄いヴァイブスで魔理沙が物凄いラップ」 「物凄い(略)」
「疾く、疾く、疾く!」 「双翼 - Black Wings -」
「最終鬼畜妹フランドール・S」 「ナイト・オブ・ナイツ」
「WARNING×WARNING×WARNING」 「Piece of clown」
「大きく輝け、小さな未来」 「屈折できない好奇心」
「永遠に幼き紅色に染めて」 「猟奇的で可愛いゲスト」
「Heaped Heart」 「神々が恋した幻想郷」
「守るべきもの」 「-Silence-」


東方VocalBGM - Jimang Shot/じまんぐ 【原曲:ネクロファンタジア】
投稿者:I am a Jimanger! さん


「じまんぐ」の「Jimang Shot」。
第6回博麗神社例大祭の公式コンピレーションアレンジCD「流麗祭彩」に収録されたのが初出。
のちにJIMANGの「BEST ALBUM BUST」に収録され、
更にセガの音ゲー「CHUNITHM(チュウニズム)」にも収録された。

じまんぐ氏は、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、
ラジオパーソナリティなど様々な顔を持つが、
最も有名なのはSound Horizonのサポートメンバーとしてかもしれない。
曲中で担当したキャラが「胡散臭い」と歌われて以来、
じまんぐ氏の存在自体が胡散臭いと言われるようになった。
実際、胡散臭さを全面に出した語りのインパクトがすごい。
「Jimang」や「ジマエモン」など複数の名義を持ち、
ひそかにSKE48やHKT48に楽曲を提供したりしている。
ソロとして有名なのは「JIMANG」名義の「la divina tragedia~魔曲~」。
アニメ「うみねこのなく頃に」のエンディング曲である。

東方アレンジ。
原曲は「東方妖々夢」Phantasmステージボス、
八雲紫のテーマ曲「ネクロファンタジア」。
東方プロジェクトにおける神主ことZUN氏自体が
八雲紫の曲に対するコメントにおいて「胡散臭い」を二度も使用しており、
同じく「胡散臭い」の体現者であるじまんぐ氏との相性は抜群(?)。
曲調のつかみどころの無さと、どうとでも取れる信用できない歌詞、
「胡散臭さの二乗倍」というタグにも納得である。


東方VocalBGM - Natsumi Bomb/じまんぐ+なつみ 【原曲:東方妖々夢】
投稿者:I am a Jimanger! さん


「じまんぐ+なつみ(from Silver Forest)」の「Natsumi Bomb」。
第6回博麗神社例大祭の公式コンピレーションアレンジCD「流麗祭彩」収録曲。

今回のじまんぐ氏はサポート担当。
でも、流石の存在感。
ちょいちょい「イェーイ」って言うの反則だろ。
なつみさんは「Silver Forest」や「IOSYS」のゲストボーカルとして有名。
勇ましい印象を受けるかもしれないが、電波曲も結構担当していたりする。

東方アレンジ。
原曲は「東方妖々夢」の5面道中曲「東方妖々夢 ~ Ancient Temple」。
「東方花映塚」において同名のアレンジ版が魂魄妖夢のテーマとして採用されたため、
妖夢のテーマ曲として認識している人もいるかもしれない。
決して派手でも激しいわけでもないが、
主の悲願を達成させるという力強い意志を感じさせる歌詞と
なつみさんの勇壮な歌声がマッチした名曲。
コーラスの胡散臭さに打ち勝っている点もすごい。

花よ咲け 咲き誇れ 今は戦いの道しるべ


今回は「じまんぐ」氏の関わった東方アレンジを2曲紹介。
圧倒的な胡散臭さを誇る氏の歌声は、受け付けないという方も確実にいると思う。
逆に一度でもまともに聴いてしまうと一日は頭から離れないという
非常に粘着質で中毒性を伴う存在感を放つ。
もちろん東方関係の動画投稿者にも、じまんぐ氏に心奪われた者はおり、
「パチュリー+じまんぐ=ぱちゅんぐ」というキャラを確立させた
謎の台湾人投稿者も存在する。


  1. [ edit ]
  2. 音楽
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ>>

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画などが好きです!
その辺りのネタを中心にブログ書いています。
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DDONをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
62位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.