らぶかげ遊戯日記

現在DDONをメインにプレイしています。

MMD ― 艦これFIGHTERS② ―

動画関連です。

関連記事
MMD ― きょうもハレバレと酔拳 ―
MMD ― 東方K-1グランプリ ―
MMD ― フルハウス ―
MMD ― 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権と私がリッチになった理由 ―
MMD ― 幻想郷ファイティングチャンピオンシップ① ―
MMD ― 幻想郷ファイティングチャンピオンシップ② ―
MMD ― ガールフレンド(幻想) ―
MMD ― Telephoneと物凄いバーニング ―
MMD ― 天使と悪魔とKOFオロチ編 ―
MMD ― super psycho loveと爆乳VS美脚 ―
MMD ― キマシタワー ―
MMD ― ばさらくとおこちゃま戦争 ―
MMD ― ビルドファイターズ ―
MMD ― DDR ―
MMD ― 東方地霊殿OPと東方輝針城OP ―
MMD ― Daisukeとやんきーふぁんくらぶ ―
MMD ― 艦隊again ―
MMD ― 課金将棋と課金囲碁 ―
MMD ― アカペラバンド ―
MMD ― 咲夜さんの機嫌がいい日 ―
MMD ― ドリフだよ全員集合!とストロベリー・デッド ―
MMD ― CM再現となんのCMでしょうか? ―
MMD ― 超高校級のMMDとフリーダムふぁんくらぶ ―
MMD ― MMDDFFとミクon ―
MMD ― 艦これFIGHTERS① ―

MikuMikuDance(みくみくだんす)とは
「樋口M」こと樋口優氏が個人で開発し、自身のウェブサイト
「VPVP(Vocaloid Promotion Video Project)」で無償公開している
フリーの3DCGムービー製作ツールである。略称は「MMD」。
多彩な機能を持つ3DCGソフトウェアながらも、ダウンロードするzipファイルの容量が
約5MB(展開後でも約11MB)と非常に小さく、動作も軽快である。
その完成度にもかかわらずフリー公開されており、
作者である樋口氏自身が投稿した動画には「振り込めない詐欺」タグがつけられている。
MMDの名称、配布サイト名からもわかるように、MMDは当初、
初音ミクのダンスムービー製作ツールからスタートしている。
しかし、バージョンアップを重ね高機能化していくうちに、ダンス以外の用途で使うユーザーが現れ、
VOCALOID以外のモデルを自作するユーザーが現れ、
ダンスともミクともまったく関係ない動画を製作するユーザーが現れと、その汎用性が広がっていった。
ニコニコ大百科より


【MMD艦これ】艦これFIGHTERS~中編~【MMDアクション】
投稿者:べいりーず さん


MMD武術演技における艦これの雄、べいりーずさんによる作品。
艦娘のMMDモデルによる肉弾格闘戦「艦これFIGHTERS(KCF)」本編、
前・中・後編の中編。
立ち技の応酬となる夕立vs綾波は
お互いが特殊モードに移行することで更に激化。
”ソロモンの悪夢”夕立と”ソロモンの鬼神”綾波の決着はいかに。
ちょいちょい號奪戦の間合いになるのほんとすき。

一方の神通va霧島は技vs力の構図。
掴まれる危険性があるため絞め系の技に移行できない神通、
なんとか霧島の弱点をつこうとしますが・・・・・・。
大抵の生き物は喉が弱点だと思いますが、
延髄がノーダメージは意味わからんよ霧島さん(´・ω・`)

解説と立会いは大淀、時雨、金剛会の面々。


【MMD艦これ】艦これFIGHTERS~後編~【MMDアクション】
投稿者:べいりーず さん


KCF本編、前・中・後編の後編+エンディング。
夕立vs綾波は夕立が勝利、神通vs霧島は霧島の勝利。
これによって最終戦は夕立vs霧島の形になる。
神通以上のスピードと打撃で翻弄する夕立、
動きを止めて、なんとか捕まえたい霧島という構図。
霧島の蹴りの威力を殺そうとした夕立が
トルケルに蹴られたトルフィンみたいにブッ飛んでいくのすき。

前編、中編より更に進化したモーション、スピード感、カメラワークが際立つ。
MMD武術演舞を代表する完結シリーズ。
元作品を知らなくても楽しめるというのは、やはり凄い。

べいりーずさんによる艦これFIGHTERS簡易ステータス

夕立
攻撃:5  耐久:3
防御:3  技:?
速さ:5  回避:3

綾波
攻撃:5  耐久:3
防御:3  技:5
速さ:5  回避:4

神通
攻撃:4  耐久:4
防御:5  技:8
速さ:4  回避:4

霧島
攻撃:8  耐久:5
防御:8  技:3
速さ:3  回避:1



今回もべいりーずさんの艦これFIGHTERS。
素晴らしいモーションとエフェクトの共演、
解説役を入れることで進行をスムーズにするストーリー性も見事。
ちょいちょい嘘喰いっぽいネタを入れてくるのも個人的に嬉しい。
最終的には綾波・霧島チームの勝利だが、
最後の頭突き勝負で霧島も立ったまま気絶しているっぽい。
次は夕立の修行編でしょうかね!

エンディングは出演した艦娘による共闘をスタイリッシュに演出。
エンディング曲はDMCシリーズでお馴染みの「Devils Never Cry」。
ちなみに、この曲はDDONプレイヤーにも馴染み深い曲で、
シークレットアビリティ「奏泣」をセットすることで戦闘BGMにできる。


  1. [ edit ]
  2. MMD
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

MMD ― 艦これFIGHTERS① ―

動画関連です。

関連記事
MMD ― きょうもハレバレと酔拳 ―
MMD ― 東方K-1グランプリ ―
MMD ― フルハウス ―
MMD ― 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権と私がリッチになった理由 ―
MMD ― 幻想郷ファイティングチャンピオンシップ① ―
MMD ― 幻想郷ファイティングチャンピオンシップ② ―
MMD ― ガールフレンド(幻想) ―
MMD ― Telephoneと物凄いバーニング ―
MMD ― 天使と悪魔とKOFオロチ編 ―
MMD ― super psycho loveと爆乳VS美脚 ―
MMD ― キマシタワー ―
MMD ― ばさらくとおこちゃま戦争 ―
MMD ― ビルドファイターズ ―
MMD ― DDR ―
MMD ― 東方地霊殿OPと東方輝針城OP ―
MMD ― Daisukeとやんきーふぁんくらぶ ―
MMD ― 艦隊again ―
MMD ― 課金将棋と課金囲碁 ―
MMD ― アカペラバンド ―
MMD ― 咲夜さんの機嫌がいい日 ―
MMD ― ドリフだよ全員集合!とストロベリー・デッド ―
MMD ― CM再現となんのCMでしょうか? ―
MMD ― 超高校級のMMDとフリーダムふぁんくらぶ ―
MMD ― MMDDFFとミクon ―

MikuMikuDance(みくみくだんす)とは
「樋口M」こと樋口優氏が個人で開発し、自身のウェブサイト
「VPVP(Vocaloid Promotion Video Project)」で無償公開している
フリーの3DCGムービー製作ツールである。略称は「MMD」。
多彩な機能を持つ3DCGソフトウェアながらも、ダウンロードするzipファイルの容量が
約5MB(展開後でも約11MB)と非常に小さく、動作も軽快である。
その完成度にもかかわらずフリー公開されており、
作者である樋口氏自身が投稿した動画には「振り込めない詐欺」タグがつけられている。
MMDの名称、配布サイト名からもわかるように、MMDは当初、
初音ミクのダンスムービー製作ツールからスタートしている。
しかし、バージョンアップを重ね高機能化していくうちに、ダンス以外の用途で使うユーザーが現れ、
VOCALOID以外のモデルを自作するユーザーが現れ、
ダンスともミクともまったく関係ない動画を製作するユーザーが現れと、その汎用性が広がっていった。
ニコニコ大百科より


【MMD艦これ】艦これ~FIGHTERS~導入部
投稿者:べいりーず さん


MMD武術演技における艦これの雄、べいりーずさんによる作品。
艦娘のMMDモデルによる肉弾格闘戦「艦これFIGHTERS(KCF)」の導入。
チームでの同時対戦方式の合同演習で、
参加者は夕立・神通チームと綾波・霧島チーム。
解説と立会いは大淀、時雨、金剛会の面々。


【MMD艦これ】艦これFIGHTERS~前編~【MMDアクション】
投稿者:べいりーず さん


KCF本編、前・中・後編の前編。
チーム戦ではあるが、まずは夕立VS綾波、神通VS霧島という形にわかれている。
先に対戦相手を倒した方が、もう一方に途中参戦することに。
夕立と綾波はともに打撃主体のスピードタイプ。
技の完成度や戦術は綾波に分があるが、
夕立は戦闘中に相手のスタイルを模倣できるため、戦術の幅が未知数。
神通と霧島は両極端な戦い。
神通は空手と合気道がベースで、関節技なども得意だが、
霧島がパワーとタフネスに特化したタイプのため、
一瞬で極めることができない限りは逆に掴まれる危険性がある。

モーションのなめらかさ、スピード感、カメラワーク、
SEにBGMとストーリー性、MMD武術演技の中でも屈指の作品。

べいりーずさんによる艦これFIGHTERS簡易ステータス

夕立
攻撃:5  耐久:3
防御:3  技:?
速さ:5  回避:3

綾波
攻撃:5  耐久:3
防御:3  技:5
速さ:5  回避:4

神通
攻撃:4  耐久:4
防御:5  技:8
速さ:4  回避:4

霧島
攻撃:8  耐久:5
防御:8  技:3
速さ:3  回避:1



今回はべいりーずさんの艦これFIGHTERS。
べいりーずさんはMMD武術演技の歴史が深く、
以前に紹介したミクの酔拳を作成した人でもあるぞ。
熱く激しい格闘戦は興奮しちゃうね!(`・ω・´)
ぶっちゃけ艦これを知らなくても余裕で楽しめるよ!

▼KCFのOPはこちら。



  1. [ edit ]
  2. MMD
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

MMD ― MMDDFFとミクon ―

動画関連です。

PCのモニターを掃除していて、
「なんかこのゴミとれないなー」と
マウスポインタを拭き続けていたのが本日のハイライト。

関連記事
MMD ― きょうもハレバレと酔拳 ―
MMD ― 東方K-1グランプリ ―
MMD ― フルハウス ―
MMD ― 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権と私がリッチになった理由 ―
MMD ― 幻想郷ファイティングチャンピオンシップ① ―
MMD ― 幻想郷ファイティングチャンピオンシップ② ―
MMD ― ガールフレンド(幻想) ―
MMD ― Telephoneと物凄いバーニング ―
MMD ― 天使と悪魔とKOFオロチ編 ―
MMD ― super psycho loveと爆乳VS美脚 ―
MMD ― キマシタワー ―
MMD ― ばさらくとおこちゃま戦争 ―
MMD ― ビルドファイターズ ―
MMD ― DDR ―
MMD ― 東方地霊殿OPと東方輝針城OP ―
MMD ― Daisukeとやんきーふぁんくらぶ ―
MMD ― 艦隊again ―
MMD ― 課金将棋と課金囲碁 ―
MMD ― アカペラバンド ―
MMD ― 咲夜さんの機嫌がいい日 ―
MMD ― ドリフだよ全員集合!とストロベリー・デッド ―
MMD ― CM再現となんのCMでしょうか? ―
MMD ― 超高校級のMMDとフリーダムふぁんくらぶ ―
ディシディアと信オンMAD

MikuMikuDance(みくみくだんす)とは
「樋口M」こと樋口優氏が個人で開発し、自身のウェブサイト
「VPVP(Vocaloid Promotion Video Project)」で無償公開している
フリーの3DCGムービー製作ツールである。略称は「MMD」。
多彩な機能を持つ3DCGソフトウェアながらも、ダウンロードするzipファイルの容量が
約5MB(展開後でも約11MB)と非常に小さく、動作も軽快である。
その完成度にもかかわらずフリー公開されており、
作者である樋口氏自身が投稿した動画には「振り込めない詐欺」タグがつけられている。
MMDの名称、配布サイト名からもわかるように、MMDは当初、
初音ミクのダンスムービー製作ツールからスタートしている。
しかし、バージョンアップを重ね高機能化していくうちに、ダンス以外の用途で使うユーザーが現れ、
VOCALOID以外のモデルを自作するユーザーが現れ、
ダンスともミクともまったく関係ない動画を製作するユーザーが現れと、その汎用性が広がっていった。
ニコニコ大百科より


【第8回MMD杯本選】MMDDFF【FF再現バトル】
投稿者:ムー さん


第8回MMD杯、総合優勝作品。
メインテーマ曲は「ファイナルファンタジー零式」の「我ら来たれり」、
戦闘曲は「大乱闘スマッシュブラザーズX」の「終点」、
終盤が「ファイナルファンタジー零式」の「運命の三時間」。

MMDオールスターズによる
ディシディアファイナルファンタジーオープニングムービーの再現動画。
登場するMMDモデルたちがしっかりと
原作のキャラにちなんだ動きをとりいれているあたりが心憎い。
動きの再現だけでなく、各キャラの音声を取り入れることにより、
動画への没入感をさらに高めている。
偏執的ともいえる情熱と技術によって作られた、
MMDの無限の可能性を感じさせる非常に素晴らしい作品。
MMD杯優勝作品の名に相応しい圧倒的な迫力は
440万再生を越え、今なお再生数を伸ばし続けている。


【MMD】ミクon vs巡音ルカ
投稿者:kaunnbee さん


使用曲は「信長の野望Online」の「最終決戦」。
作曲は川井憲次氏。
聴く者に畏怖の感情を抱かせるほどの壮大な楽曲。
サービス開始当初から信オンを支えてきた名曲であり代表曲でもある。

MMDモデルのボーカロイドたちが信長の野望オンライン風のバトル。
実際の戦闘画面では画面上部に行動バーが表示され、
相手側の使用技能と合わせて、行動を先読みしておくことが肝要。
「詠唱の韻」に即「全体看破」というのは、
行動バーを見て即入力していないと成立しない技術、通称「裏看破」。
チャット欄で自分の行動を宣言することで行動を被らないようにすることは基本。
なお、「旗」というのは徒党(パーティー)の旗頭(リーダー)のことで、
旗頭が倒れると、逃走しか選択できなくなる。
反撃や全体攻撃で倒されることが多い武芸侍が旗になることは
危険すぎるので基本的に無い。


今回はゲーム系のMMD作品。
ディシディアのオープニングムービー再現、
信オンの戦闘シーン風、どっちも大好きやで。


  1. [ edit ]
  2. MMD
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ>>

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画などが好きです!
その辺りのネタを中心にブログ書いています。
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DDONをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
50位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.