らぶかげ遊戯日記

現在DDONをメインにプレイしています。

グランシス探訪④

DDDAです。

グランシス半島の魅力を伝えていこうという企画。
SS多めでお送りします。

関連記事
グランシス探訪①
グランシス探訪②
グランシス探訪③

第四回は「宿営地」

カサディス近くの軍の野営拠点。ゴブリン対策の為に立てられたという小さな砦。
多数の兵士やポーンがいるほか、行商人もたまにやって来る。
主人公はここでメインポーンと契約することになる。また、メルセデスと初めて出会う場所でもあり、
ここからクエストを進めないとグランソレンへは行くことができない。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _62
宿営地のカサディス側入口。兵士が街道を巡回してくれている。
付近にはゴブリンや狼、盗賊なども出没するため兵士は常に命懸け。
過酷な労働条件であるため常に兵士は不足している。
更にサイクロプス、ハイドラと立て続けの襲撃で踏んだり蹴ったりである。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _61
ハイドラ襲撃後の宿営地。兵士も減り、建物の残骸撤去もままならない状態。
宿屋の奥にはリムの石碑があり、リムショップと呼ばれるリムを対価とした店がある。
クエストボードの横には「バーン兵法訓練所」があり、ポーンの運用について色々と学べる。
ちなみにここの宿屋の主人イクバールさんも「オバダビィトゥデイ」の使い手。
宿屋の使用頻度でアッサラームさんに一歩劣るが、イクバールさんの方がややイケメン(個人の感想)。

DDDAジョナサン
リムショップを営むジョナサンさん。リムを対価に普通では手に入らないアイテムを入手できる。
クエストの進行度によって取り扱う商品が増えていく。
装備品もあるがメインはポーン関係の商品。性格を変えたり肌や髪の色を追加できる。
主人公、ポーンのエディットをやり直す商品も扱っている為、大抵のプレイヤーが一度はお世話になる。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _63
カサディスへと続く街道。昼は巡回の兵士もいる為、比較的安全。
宿営地とカサディスで物資のやり取りがある模様。やはり魚が多いのだろうか。
夜になるとゴブリンが道の真ん中で踊り狂っている様を見ることができる。
ここに限った話ではないが、夜に松明の明かりが見えたら大抵ゴブリンなので注意。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _22
峠の関所。宿営地から領都を目指す際に必ず通る場所。
※ここを通らずとも領都には向かえるがメインクエスト「戦果献上の道」をクリアしないと領都には入れない。
関所を抜けて北に行けば月噛峠。峠を超えた先が領都グランソレンである。
リムの石碑があるためポーンの回復は可能だが、テントで宿泊は出来ない。
個人的にはここに「戻りの礎」を置いておくと後々便利。


宿営地は街とも村とも言えない微妙な場所。
漁村が近く兵士やポーンも多いため住むにはいいかも知れませんが
冒険の拠点としては使いづらいところですね(´・ω・`)


  1. [ edit ]
  2. DDDA
  3. / コメント:0

グランシス探訪③

DDDAです。

グランシス半島の魅力を伝えていこうという企画。
SS多めでお送りします。

関連記事
グランシス探訪①
グランシス探訪②

第三回は「漁村カサディス」

半島南東に位置する小さな漁村。主人公が暮らす村であり、冒頭にドラゴンの襲撃を受ける。
ゲーム最序盤の拠点であり、クエストも豊富。ダークアリズンではカサディスから黒呪島へ渡ることになる。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _64
カサディス入口。北側には魔物に備えての外壁があり、南側は海に面している。
付近に強力な魔物はいないとはいえ、街道ではゴブリンの襲撃などもあるので
宿営地から派遣された兵士が見回りをしていることも。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _3
村の大通り。宿屋、道具(武器防具も扱う)屋が中心にあり、リムの石碑も完備。
宿屋にはクエストボードと語りの肘掛がある。
ここを中心として北が出入口、南に漁場、東へ向かうと村長の家、西には教会がある。
主人公の家は宿屋の裏。後にお嫁さんが放置される場所。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _69
南側の漁場。ドラゴンに襲撃された忌まわしい場所でもあるが、すでに漁が再開されている。
ビビってちゃ生きていけない厳しい世界。奥に見える桟橋では釣りをしている人も見かける。
ただし夜になる前に桟橋から離れないとオルガさんという霊に連れ去られるという都市伝説がある。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot
星降り浜。夜になると「月光花」という花が咲いている。
ここに限らずゲーム序盤はカサディス内で色々と採取し、冒険に備えるのも良い。
二周目以降は謎の石碑があり、選ばれた人のみが石碑内に入れるという。
カサディス七不思議の一つ。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _4
井戸。中から魔物のようなオッサンのような不気味な声が聞こえるという七不思議がある。
内部は「紺碧の鍾乳洞」という洞窟。宿営地より更に北の出入口に通じており、ショートカットに使える。
ただし、一度宿営地側の出入口から入り途中のかんぬきを破壊する必要がある。

Dragons Dogma_ Dark Arisen Screen Shot _94
カサディス七不思議。
夜になると桟橋にオルガさんという霊が現れ、呪われた島に連れ去られる。
星降り浜には謎の石碑があり、選ばれた人は亜空間に連れ去られる。
井戸の中から時折、魔物のようなオッサンのような声が聞こえる。
東側の崖の途中に謎の墓がある。
学者志望の若者が時折村から消える。
心臓を無くした人が異界の住人を引き連れ彷徨っている。
宿屋の裏の家にいつの間にか魔女が住み着いている。


七不思議考えてたら更新遅れました(´・ω・`)


  1. [ edit ]
  2. DDDA
  3. / コメント:0

ポーンについて色々

DDDAです。

ドラゴンズドグマといえば、主人公たる覚者に付き従うポーンの説明は外せませんね。

ポーンとは
ドラゴンズドグマの世界においては異世界の民の総称であり、ゲーム独自のシステム。
戦徒とも呼ばれ、戦時には傭兵として国や軍から重宝されていたりする。
容姿は人間と変わらないが、自発的な感情が薄いためか一部の人々には薄気味悪がられている。

主人公は覚者となった事で「リム」と呼ばれる石碑に触れ、ポーンと契約が交せるようになった。
なぜポーンの民が覚者に従うのかは不明。彼らの存在理由に関わりがありそう。

DDDAポーン2
常に主人公と行動を共にすることになる「メインポーン」。

メインポーンは主人公同様に容姿をクリエイトでき、
主人公の行動や「サポートポーン」の行動によって戦い方や性格などが変化していく。
職業の変更も可能だが、覚者専用の混成上級職には就けない。
また、CPUが担当する関係上うまく使いこなせないスキルやアビリティも存在する。
性格(行動指針)や口調などは各地の宿屋等に存在する「語らいの肘掛」で変えられるほか、
性格は宿営地にある「リムショップ」で購入できる「~の妙薬」でも変更可能。

口調は覚者に対する言葉遣い(普通・臆病・野蛮・自信家等7種類)を
様々な状況ごと(助け起こされた時・瀕死になった時等6種類の状況)に一つ一つ設定できる。
また冒険中は自分からポーンに話しかける事も可能で、
クエストの知識があるポーンにはクエストクリアの為のヒントを聞くことも出来る。

覚者と共に成長し、経験を積むことで戦術や個性が確立される。

パーティーに入ったポーンはフィールドや敵、クエストの知識を学んでいきます。
基本的に不死身、体力が尽きても覚者がポーンに触れる事で回復する事が可能。
助け起こしたポーンの体力は全快しないが、覚者専用アビリティで様々な追加効果を与えることも。
体力が尽きた状態で一定時間放置したり、特殊な攻撃を受けることでロスト(パーティーから脱退)してしまう。
その場合は「リム」に触れて再度召喚する必要がある。

DDDAポーン3
最大で二名の「サポートポーン」を仲間に加えることができる。

サポートポーンは街中や街道などで雇えるほか、オンライン状態の「リム」内部で
他のプレイヤーのメインポーンを借りることもできる。
不慮の事故でロストした場合は内部のリムに触れることで「過去に雇ったポーン」の検索も可能。
「お気に入り」登録やジョブとレベルを指定した絞込み検索などもある。
また、オフライン状態でも専用のサポートポーンが豊富に用意されているので「オフ専」でも安心。

自分よりレベルの高いポーンを雇う時には「リムの結晶」というアイテムが必要。
不思議な石「リム」の名前がつくということは高純度の魔力が含まれた石のようなものだろうか。
冒険中に拾うこともあるが、大きさ(純度)により得られるリムの量が変化する。
これらを大量に使い不思議パワーで加工したものが「リムの石碑」と思われる。
また、前述の「リムショップ」など一部での取引には金銭の代わりにリム使用することになる。

自分と同等以下のレベルのポーンは基本的に無料で借りられるが
極端に能力(装備の質)が高いポーンは同等以下のレベルであってもリムの支払いが生じる。
フレンドのポーンはどれだけレベル差があろうとも無料。
ただし難易度が大幅に変わるため、適度な難易度を求めるプレイヤーには非推奨。

「フレンドのみ」など、自分のポーンを公開する範囲も設定可能。
「人気ランキング」や「公式ポーン」なども存在する。
ポーンコミュニティに登録することで「ゲーム外」での特典(覚者の家など)もある模様。

▼ドラゴンズドグマポーンコミュニティ
http://game.capcom.com/dragonsdogma/ja/

ブログを始めて、SSを大量に撮るようになりました。
ただ、どうしてもサポートポーンが写りこんでしまうので

いっそ全部自分で作ればいいんじゃないか?

とかアホなことを真剣に考えています(´・ω・`)
考えてるというか、既に行動に移してるんですけどね(n‘∀‘)η


  1. [ edit ]
  2. DDDA
  3. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ>>

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画などが好きです!
その辺りのネタを中心にブログ書いています。
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DDONをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
62位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.