らぶかげ遊戯日記

現在DDONをメインにプレイしています。

SSL対応

時事ネタです。

FC2ブログも着々とSSL化に対応していくね(`・ω・´)

【FC2WIKI】SSL対応につきまして

兼ねてよりご案内しておりましたSSL化につきまして、
FC2WIKI(wiki.fc2.com)の管理画面のSSL化が完了いたしました。

管理画面のURLがhttpsから始まるURLに変更されます。
管理画面以外のページも順次httpsへと切り替えとなる予定です。
この際、フリーエリアに記述された外部サービスが利用できなくなる可能性があるため、
ご確認いただきますようお願いいたします。


★【FC2WIKI】SSL対応につきまして

今回はFC2WIKIのSSL化。
実はFC2ブログの方は結構前からSSLへの切り替えができるんだよね。

★【ブログ】 SSL対応につきまして 【重要】

FC2動画も2017年にログイン前画面がSSL化し、
2018年3月12,13日にはコンテンツマーケットとブログランキングもSSL対応。

★【FC2動画】 SSL対応につきまして

★【コンテンツマーケット】 SSL対応につきまして

★【ブログランキング】 SSL対応につきまして 【重要】

んで、SSL化ってどういうこと?って話よな(´・ω・`)

SSL (エス エス エル)とは
Webブラウザーとサーバー間で安全に通信するために
ネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発したセキュリティー機能。
IETFにより「TLS(Transport Layer Security)」という名称で標準化も行われている。
証明書によるサーバー認証と、
Webブラウザーとサーバー間での通信内容を暗号化するという2つの機能を持つ。
HTTPに限らずTelnetやFTP、SMTPなどの
さまざまなアプリケーションプロトコルの暗号化に利用できる。
SSLを使用しているWebサイトでは、URLが「https://」で始まる。
ASCII.jpデジタル用語辞典より


?
なにがどう変わったかって言われても理解できんので、
セキュリティ機能が強化されたって覚えておけばええぞ!
アレよ。
ネットでサイトを開いた時に「保護されていない~」って出るやつ。
アレを保護されている状態にするやつ。
わしじゃよ
まあこれについては、SSL以外にも原因もある場合もなきにしもあらずですが、
私もよーわからんので割愛(´・ω・`)
見た目での変更点はURLが「https://」になって、「s」が追加されるんよね。
FC2ブログでは管理ページより
「環境設定」→「ブログの設定」→「SSL設定」で切り替えが可能。
より安全にブログを見ていただくための配慮ってやつよ。
ただ、私のところでもあるんやけど、一部埋め込み動画などの再生ができなくなることも。
これは元動画のURLが「http://」のままのやつが該当するね。
ニコニコ動画なども今はSSLに対応しているので、
最近埋め込んだ動画や、これから埋め込む動画は問題ないんやけど、
それ以前に埋め込んだものは保護されていないので見れなくなることも。
埋め込んだURLに「s」を足したり、埋め込み直したりで
今後ちまちまと変更していくしかないやね(´・ω・`)

詳しく知りたい方は色々なところで解説やら手順の説明があるので、
目の前の箱で調べてみるとええぞ!


  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

バレンタインやね

時事ネタです。

猫の動画貼ろうとしていたら、
ニュース欄で今日はバレンタインなのを思い出した(´・ω・`)

バレンタインデー(Valentine's Day)
または、聖バレンタインデー(セイントバレンタインデー、英: St. Valentine's Day)は、
2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされる。
元々269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した
聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日だと、
主に西方教会の広がる地域において伝えられていた。

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるとされる。
当時、ローマでは、2月14日は神々の女王であり、
家庭と結婚の神でもある女神・ユーノーの祝日だった。
翌2月15日は、豊年を祈願する(清めの祭りでもある)ルペルカリア祭の始まる日であった。
この祭りの前日、娘たちは紙に名前を書いた札を桶の中に入れ、
祭りの当日、男たちが桶から札を1枚ひく。
ひいた男と札の名の娘は、祭りの間パートナーとして一緒にいることと定められており、
多くのパートナーたちはそのまま恋に落ち、そして結婚したといわれる。
(当時若い男たちと娘たちは生活が別だったため、関わる機会が少なかった)

その後、ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、
愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、
兵士たちの婚姻を禁止したと言われている。
キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、
婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、
彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、やがてその噂が皇帝の耳に入り、
怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。
しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されたとされる。
彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。
ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。
このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。
つまり、異説や異論もあるが、ここでは割愛。

日本でバレンタインが流行しだしたのは1958年頃。
内容は日本独自の発展を遂げたもの。
戦前に来日した外国人によって一部行われ、第二次世界大戦後まもなく、
流通業界や製菓業界によって販売促進のために普及が試みられたが、
日本社会に定着したのは、1970年代後半であった。
「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という
「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこのころ。
なお、バレンタインデーにチョコレートを渡すのがいいのではと最初に考案して実践したのは、
一説に大田区の製菓会社メリーチョコレートカムパニーの原邦生氏であるとされる。
しかし、原邦生氏が行ったとされるイベントは昭和33年であるのに対し、
神戸のモロゾフ製菓が20年以上前の昭和11年2月12日に
外国人向け英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』に、
「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」
というコピーの広告を既に掲載しており、
モロゾフ製菓がバレンタインチョコを最初に考案した仕掛け人であるとされる説が最有力である。
現代日本社会におけるバレンタインデー文化の、起源、普及過程、社会的機能、歴史的意義などについては
現在のところ、まとまった研究がなされていない。
Wikipediaより


ほえー(´・ω・`)
結局、なにがどうなってそうなったのかわからんちん。
よく言われる製菓会社の陰謀ってのは間違いなさそうだけれど、
なんでチョコ限定だったのかっていうと、まあ販促だったんちゃうかなあと
予想くらいはできるけれど、はっきりせんよね。
他にも色々とあるわけやしなあ。
ちなみに西欧・米国でも、恋人やお世話になった人にチョコレートを贈ることはあるけれど、
決してチョコレートに限定されているわけでなく、
またバレンタインデーに限ったことでもないんよね。
女性から男性へ贈るのが殆どってのと、
贈る物の多くがチョコレートに限定されているってのは、日本のバレンタインデーの大きな特徴よ。
義理チョコや友チョコなどは、ここからの派生だから、あんまり起源とは絡まんね。


総統閣下がバレンタインについてお怒りのようです
投稿者:空の欠片 さん



嘘字幕シリーズ。
リア充イベントに対する閣下のお怒りはいつものことですが、
ここまで長いのは初めて見た。
なんというか、丁寧に作り込めば作り込むほど
バレンタインに対する怨嗟や妄執が感じられる作品。
自分はまだまだなんやなって理解した(´・ω・`)


神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)説、森永製菓説、伊勢丹説、
ソニープラザ説など、日本でのバレンタインの起源は諸説あるようですが、
プレゼントはチョコレートが一般的、
女性から男性へ贈ること、
愛情を伝える機会であること、
このあたりが日本のバレンタインの特徴やね。
なお、ホワイトデーも日本式バレンタインデーからの派生行事。
三倍返しやら、時計やバッグが代表的とか
消費に消費を重ねがけした怒涛の攻勢やぞ。

ちなみに韓国にはブラックデーというのが存在するらしく、
バレンタインデー及びホワイトデーで贈り物をもらえなかった(恋愛とは無縁に終わった)
男女が集まって炸醤麺やブラックコーヒーを口にする日
らしい。
決行日は4月14日と、なかなかに闇が深そうなイベントである。
むしろこっちを詳しく知りたい(´・ω・`)


  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

建国記念の日

雑記です。

今日は何の日?(´・ω・`)
正確には昨日なんだよなあ。

建国記念の日(けんこくきねんのひ)
日本の国民の祝日の一つ、日本の建国を祝う日で、日付は2月11日。
1966年(昭和41年)制定。

世界で建国記念日を法律で定めて祝日とする国は多いが、
何をもって建国記念日とするかは、国によって異なる。
日本では、実際の建国日が明確ではないため、
建国神話(日本神話)を基に、建国を祝う日として「建国記念の日」が定められた。
2月11日は、日本神話の登場人物であり古事記や日本書紀で初代天皇とされる
神武天皇の即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり、
その即位月日を明治に入り新暦に換算した日付である。

1873年(明治6年)に、2月11日は、日本国の建国の日として
「紀元節」と定められ祭日となり翌年から適用されたが、
第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)に占領軍 (GHQ)の意向で廃止された。
その後、復活の動きが高まり、「建国記念の日」として、
1966年(昭和41年)に国民の祝日となり翌年から適用された。
Wikipediaより


ほえー(´・ω・`)
建国って言っても、元から島は存在するわけだし、
これって誰が「今日からここは日本」って決めたんやろ?
って思ってたんだけれど、神話が基になってたのかー。
当然、初代天皇といわれる神武天皇(じんむてんのう)も神話・伝説上の人物。
古事記では137歳、日本書紀では127歳まで存命したと記されており、
古事記や日本書紀における神話的な内容から、神武天皇が実在した人物かも含めて、
その筋書きをそのままの史実であるとは考えられていない(確証がない)。
謎の多い人物だけに現在でも様々な考察が行われているぞ。
なお、系譜を辿ると当然、天照大神に行き着く(来孫にあたる)。
皇室の祖神(皇祖神)だから当然やね。

【ゆっくり歴史解説】天皇125代:1代目「神武天皇」
投稿者:最強のメラ さん



歴代天皇たちのゆっくり解説動画。
「ニコニコ文化を支えている人」の一人、最強のメラさんの動画。
今回は初代天皇・神武天皇のお話。
古事記、日本書紀などをもとに神武天皇について書かれた歴史を
非常に詳しく、わかりやすく説明してくれます。
勉強になるなあ(´・ω・`)


アメリカでは7月4日が建国記念日にあたり、
「独立記念日(インディペンデンス・デイ)」として有名。
1776年大陸会議でアメリカ独立宣言に署名がされた日とのこと。
お国柄なのか、この日はメチャクチャ盛り上がるらしいね。

イタリアは6月2日で「共和国記念日」。
1946年国民投票により王制に代って共和制を政体とすることが決定された日とか。

なお、イギリスには明確な建国記念日が存在していないが、
イングランドの守護聖人・聖ジョージを記念した
ゲオルギオスの日(4月23日)が宗教的な国家の日となっているぞ。

日本語訳としての区別になるんでしょうが、
名称としては「建国記念日」と「独立記念日」が多い印象やね。
ドイツの「ドイツ統一の日」やノルウェーやナイジェリアの「ナショナルデー」、
中華人民共和国やベトナムの「国慶節」などなど
国によって呼び名は変われど、どこも大事にしている日なんやね。
国の節目どころか国のお誕生日なんだから当然か(´・ω・`)
大抵の国は盛大なお祭りがあったりするみたいですが、
日本だと単純に「祝日」として認識されている印象があるね。
節分やらバレンタインやら以外にも
祝日ごとに、それに沿ったイベントでもあればもうちょい認知度が上がるのにね。


  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0


次のページへ  | トップへ戻る |  前のページへ>>

プロフィール

らぶかげ

Author:らぶかげ
ゲームやアニメ・漫画などが好きです!
その辺りのネタを中心にブログ書いています。
出来るだけ毎日17:30分に更新!
現在、DDONをメインにプレイしております。

来訪人数

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
253位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
40位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング

« 2018 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.